音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
BTS『Butter』が5週連続で首位! 自身の持つ、今年の最長連覇記録を更新【最新チャート】

©BIGHIT MUSIC

BTS『Butter』が5週連続で首位! 自身の持つ、今年の最長連覇記録を更新【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)で、BTS『Butter』が5週連続の1位を獲得し、自身の今年の最長連覇記録を更新した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは7月4日(日)付のチャートを紹介!

10位:Jungle『Talk About It』

Jungleはイギリス人プロデューサーのTom McFarlandとJosh Lloydによるユニット。8月13日(金)にリリースされる通算3枚目のニューアルバム『Loving In Stereo』に収録されている『Talk About It』は、アルバム制作の早い段階で完成した1曲で、アイデアのエッセンスをそのまま生かして作りこみすぎないようにしたのだそう。ニューアルバムについてメンバーのTomは「このレコードでは直感を信じて信念を貫くことを学んだ」と語っている。

9位:Lorde『Solar Power』

先月、突如リリースされた4年ぶりのニューシングルとなる『Solar Power』。同時にニューアルバムのリリースも発表され、そちらのタイトルも『Solar Power』となっている。アルバムについてLordeは「心痛、悲しみ、深い愛、混乱を感じるとき、私は自然の中に答えを求めているの。私は息を吐いて、耳を傾けることを学んだ。そうして出来上がったのがこの作品」と語っている。

8位:藤井 風『きらり』

藤井に近況を尋ねたところ、「6月は、お誘いいただいたライブや観たいライブを4本観に行きました。結果としてライブ鑑賞月間となり、どのライブもとても刺激を受けましたー!」とコメントしている。

7位:米津玄師『Pale Blue』

この曲に共同アレンジャーとして参加しているのは、今週の『TOKIO HOT 100』の56位にエントリーしている新進気鋭の作曲家、坂東祐大。この曲以外にもシングルの収録曲である『ゆめうつつ』『死神』のアレンジに加え、演奏でも参加している。

6位:星野 源『不思議』

この曲にVOTEボタンで投票した人たちからは「ドラマは終わってしまったけど、この曲は毎日聴きたい!」「テレビから流れるのもよかったけど、ラジオから流れる『不思議』はまた格別です」「好きな人とは好みが似てなきゃダメなんだって思っていたけど、この曲に出会って『違ってもいいんだ』って教えてもらったことが、目から鱗でした!」といった声が寄せられた。

5位:Tones And I『Cloudy Day』

『Dance Monkey』で世界的にブレイクしたあと、2020年2月から初のワールドツアーをスタートしたTones And I。しかしコロナの影響で途中打ち切りとなり、地元オーストラリアで厳しいロックダウンに耐えながらデビューアルバムの制作に打ち込んでいたが、2021年1月に親友を亡くしてしまい、曲を書くのが困難な状態に。一時期はスタジオでも大泣きしてしまうほどだったそうで、アルバムの制作もストップ。心配した所属レーベルのCEOが教えてくれたのが「On a cloudy day, look up and find the sun(曇りの日には、空を見上げて太陽を探そう)」という言葉だった。Tones And Iはそれを聞いた途端にイメージが湧き、すぐにこの曲を書いたという。調子を取り戻したTones And Iは、それから2週間でなんとアルバムを完成させた。そのアルバム『Welcome To The Madhouse』は7月16日(金)に発売予定だ。

4位:iri『渦』

前回『TOKIO HOT 100』にゲスト出演した際に「立ち食いそばにハマっている」と話していたiri。最近ハマっているものについて尋ねたところ、その後も変わらずにそばがマイブームなのだそうで、渋谷にある「信州屋」がお気に入りなのだとか。そんなiriは9月5日(日)に、横浜赤レンガ倉庫で開催される「Local Green Festival」に出演することが決定している。

3位:Remi Wolf『Liz』

アメリカカルフォルニア州出身、25歳のシンガーソングライターのRemi Wolf。ライブでは以前から『Liz』を演奏していたもののレコーディングはしておらず、ファンから「ぜひリリースして」という要望が殺到し、スタジオバージョンを制作することに。曲の題名になっているLizだが、実はとあるオーディションで出会い、大学も同じ南カルフォルニア大学の友人・エリザベスのあだ名。あるとき、Remiが酔っぱらった状態で「Liz Liz♪」と歌っていたのがこの曲の始まりなのだとか。ちなみにエリザベスはこの曲のコーラスにも参加している。

2位:John Mayer『Last Train Home』

間もなく通算8枚目のスタジオアルバム『Sob Rock』をリリースするJohn Mayer。今回アルバムのプロモーションに使用しているのがTikTokで、Johnは2021年3月にアカウントを開設して『Last Train Home』の一部を公開した。43歳のJohnがいまになってTikTokを始めたのは所属レコード会社のお偉いさんに勧められたから。といっても本人もけっこうノリノリで、おふざけ動画なども投稿しており、いまでは130万人のフォロワーがいる。

1位:BTS『Butter』

5週連続1位を獲得し、自身の持つ今年の最長連覇記録を更新して独走状態に。BTSは7月9日(金)にEd Sheeranが作詞作曲を手がけた『Permission to Dance』をリリース。Edとのコラボは2020年の『Make It Right』に続き2度目となる。

1位:BTS『Butter』
2位:John Mayer『Last Train Home』
3位:Remi Wolf『Liz』
4位:iri『渦』
5位:Tones And I『Cloudy Day』
6位:星野 源『不思議』
7位:米津玄師『Pale Blue』
8位:藤井 風『きらり』
9位:Lorde『Solar Power』
10位:Jungle『Talk About It』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年7月11日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
毎週日曜
13:00-16:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。