音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
BTS、全米チャートで圧倒的存在感。米人気番組では5日間にわたる特別企画も編成

BTS、全米チャートで圧倒的存在感。米人気番組では5日間にわたる特別企画も編成

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは10月4日(日)付のチャートを紹介!

10位:Kygo, Donna Summer『Hot Stuff』

数年前に地元ノルウェーでオーディオブランド「X by KYGO」を立ち上げたKygo。北欧デザインのおしゃれなヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどを販売しており、いまではヨーロッパ全土やアメリカにも販路を広げているそう。このほど「Xellence」と名付けた新作のワイヤレスイヤホンが発売。アクティブノイズキャンセル機能が搭載され、専用アプリで簡単にサウンドをカスタマイズできるそうで、モデルはKygo自身が務めている。

9位:米津玄師『感電』

8月にリリースされた最新アルバム『STRAY SHEEP』は、CDが売れないご時世にもかかわらず、発売から10日間でミリオンを達成。さらにダウンロードも絶好調で日本レコード協会によると、史上初のスピードで10万ダウンロードを突破。CDとダウンロードの売り上げを足すと、なんと150万枚を超えるセールスを突破しているという。

8位:BLACKPINK『Ice Cream (with Selena Gomez)』

10月2日にBLACKPINK初のオリジナルフルアルバム『THE ALBUM』が満を持して全世界に配信リリースされた。Selena Gomezをフィーチャーした『Ice Cream』のほか、全8曲収録で総再生時間は24分。アルバムにはSelenaのほかCardi B、Ryan Tedder、David Guettaも名を連ねている。ちなみに所属事務所のYG ENTERTAINMENTによると、アルバムの全世界での予約販売数は100万枚を突破。10月6日(火)のフィジカルでのアルバムリリースを踏まえると、売り上げの最終集計はもっと増えるのではないか、とのことだ。

7位:Janelle Monáe『Turntables』

音楽活動と俳優業の二足のわらじを履くJanelle Monáe。彼女が出演した映画『ハリエット』は今年3月に日本で公開される予定だったが、コロナの影響で延期に。6月になってようやく一部の劇場で公開され、11月からはレンタルがスタートする。また、Amazonプライム・ビデオで配信中の海外ドラマ『ホームカミング』シーズン2では主演を務めていて、かなりのハマり役だと話題に。女優としての最新主演作『Antebellum』は、9月からアメリカで配信がスタート。撮影はトラウマになるほど過酷だったと本人は語っている。

6位:藤井 風『帰ろう』

10月末には自身初となる日本武道館公演を予定している藤井。10月4日のJ-WAVEの番組『J-WAVE SELECTION BEHIND THE MUSIC~藤井 風×Yaffle~』でナビゲーターを務め、ファーストアルバム『HELP EVER HURT NEVER』のサウンドプロデュースを手がけたYaffleとアルバムについてトークを展開した。さらに藤井自身の新たな挑戦や未来についても語るなど、盛りだくさんな内容となった。

5位:Alicia Keys『Love Looks Better』

9月末にリリースされた、4年ぶり通算7枚目のスタジオアルバム『ALICIA』からの1曲。今回のニューアルバムの1曲目には、夫のSwizz Beatzと共作した『Truth Without Love』という曲が収録されている。今年8月には結婚生活10周年の節目を迎え、自身のインスタには「(10年間が)早かったのは楽しかったから。そして本物でリアルで偽りがないからだよ。大好き! 私たちが一緒に作るすばらしさがこれからもっともっと続きますように」というメッセージとともに夫との2ショット写真を投稿している。

4位:Nenashi『Gonna Be Good feat. J.LAMOTTA すずめ』

イスラエル・テルアビブ出身の新世代アーティスト、J.LAMOTTA すずめをフィーチャーした曲。Nenashiも所属する音楽レーベル「origami PRODUCTIONS」の所属アーティストが勢ぞろいで登場するオンラインセッションの開催が決定。10月22日(木)にBillboard Live東京から生配信される。出演はShingo Suzuki、Michael Kaneko、関口シンゴ、Hiro-a-key、Kan Sano、mabanua、Ovallがラインナップされている。

3位:Justin Bieber feat. Chance The Rapper『Holy』

2020年の8月に妻・女優のヘイリー・ビーバーとともに、キリスト教の洗礼を受けたことをインスタで報告しているJustin。この曲の歌詞ではキリスト教で使われる言葉も多く含まれ、洗礼を思わせる描写もあり、すっかり敬虔なクリスチャンになったことを伺わせる。

2位:BTS『Dynamite』

5連覇ならず。しかしアメリカでは依然として勢いは衰えず、全米シングルチャートでは初登場から2週連続で1位を獲得し、その後2位に順位を落とすものの、最新チャートで再び1位に返り咲いた。いろいろなメディアに引っ張りだこのBTSだが、アメリカの人気番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』では、5日間にわたってBTSに焦点を当てる「BTS Week」という特別企画が編成。毎日異なる曲のパフォーマンスを披露するなど、アメリカでの人気の高さがうかがえる。

#BTSonFallon 再生リスト

1位:David Guetta & Sia『Let's Love』

世界中のクラブやイベントがコロナの影響を大きく受けて中止になり、時間を持て余しているというDavid Guetta。先日同業者で年下のDJ&プロデューサーのアフロジャックの結婚式に参加したそう。結婚式ではスピーチも披露したようで、自身のインスタにはアフロジャックに向けた祝福の言葉を投稿している。ちなみにアフロジャックのお相手は、イタリアが誇るスポーツメーカー、ランボルギーニの創設者の孫娘エレットラ・ランボルギーニ。

1位:David Guetta & Sia『Let's Love』
2位:BTS『Dynamite』
3位:Justin Bieber feat. Chance The Rapper『Holy』
4位:Nenashi『Gonna Be Good feat. J.LAMOTTA すずめ』
5位:Alicia Keys『Love Looks Better』
6位:藤井 風『帰ろう』
7位:Janelle Monáe『Turntables』
8位:BLACKPINK『Ice Cream (with Selena Gomez)』
9位:米津玄師『感電』
10位:Kygo, Donna Summer『Hot Stuff』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年10月11日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
毎週日曜
13:00-16:54
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン