音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
なぜBTSは世界で人気を博すのか? 「3つの魅力」を音楽評論家が解説

BTS(防弾少年団)

なぜBTSは世界で人気を博すのか? 「3つの魅力」を音楽評論家が解説

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。2月25日(水)のオンエアでは、音楽評論家の丸屋九兵衛が、2月21日にカムバックを果たしたBTS(防弾少年団)の魅力を3つのポイントに分けて紹介した。


■ヒップホップ偏差値が高い!

BTSは最新アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』を2月21日に発売し、待望のカムバックを果たした。今回の放送では、BTSの魅力を「音楽評論界のBTS親善大使」である丸屋が、3つのポイントに分けて紹介。1つ目のポイントとして、「ヒップホップ偏差値が高いこと」を挙げた。

丸屋:彼ら自身が、「アイドルでもアーティストでも、好きなほうで呼んでくれていい」と言っています。ですが、以前インタビューをおこなった際は、言っていることが全くアイドルらしいものではありませんでした。BTSにはラッパーが3人いるのですが、全員に「好きなアーティストは誰ですか?」と質問したんですね。リーダーのラップモンスターが答えたのは、エイサップ・ロッキーとかケンドリック・ラマーとか、その当時一番流行っているアーティストたちでした。一方、シュガは「僕が好きなのはボーン・サグズン・ハーモニーとスリー・6・マフィアです」と答えて。
サッシャ:渋い。懐かしいところいきますね。
丸屋:1993年生まれの青年が、何故生まれた年に近い時期に活動したグループを好きと言えるのか。このインタビューで、魂を射抜かれましたね。

STEP ONE(左から 増井なぎさ、丸屋九兵衛、サッシャ)


■ミュージックビデオで世界の心を掴んだ

BTSの2つ目の魅力として、丸屋は「ミュージックビデオで心を掴む」を挙げた。

丸屋:BTSどころか韓国自体を詳しくなかったアメリカ人たちの心に、彼らのミュージックビデオが強く刺さりました。ビートから何から、その時点のヒップホップの先端を感じたのだと思います。彼らがアメリカで注目を浴びだした頃、アメリカのYouTuberたちの反応は冷ややかでした。だけど、そんな人たちの心をも変えさせる力が、ミュージックビデオにはあったんですね。
サッシャ:映像の力で唸らせて、納得させたんですね。
丸屋:本格的なヒップホップ文化を見聞きしてきた、アメリカのYouTuberたちの心も掴んだことで、BTSの魅力が大勢の人たちへ拡散されることになりました。






■90年代のシーンを彷彿とさせるR&B

丸屋は、BTSの3つ目の魅力を「R&B偏差値が高い」と語った。

丸屋:私のように90年代R&Bを聴いてきた者からすると、BTSの楽曲には“90年代R&Bフレーバー”が盛り込まれているものがあるんですよ。R&Bがよかった時代の、黒人少年R&Bグループのような雰囲気があるんです。B2Kとかイマチュアみたいな。
サッシャ:B2K、懐かしいね。
丸屋:ああいったグループたちの流れを、とても汲んでいるように思います。ジミンの歌うフレーズは特に、90年代R&Bを聴いているような感覚になります。甘くて切なくて、終わりそうな少年時代を引き留めるような感じと言いますか。R&Bファンの心にも刺さる歌になっているんじゃないかなと思います。

BTSの最新アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』は好評発売中!

BTSは、第34回日本ゴールドディスク大賞にて、昨年に引き続き『ベスト・エイジアン・アーティスト』に加え、『ベスト5シングル』、『ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード』、『ベスト・ミュージック・ビデオ』の4部門で受賞した。

【BTS受賞内容】
◆ベスト・エイジアン・アーティスト
◆ベスト5シングル (Lights/Boy With Luv)
◆ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード (Lights)
◆ベスト・ミュージック・ビデオ (BTS WORLD TOUR 'LOVE YOURSELF' ~JAPAN EDITION~)

今回の受賞を受け、BTSメンバーは「ARMYの皆さんがいなかったら、こういった大きな成果を出すことはできなかったと思います。素晴らしい賞をくださって本当にありがとうございます。2020年、新しいアルバムを通じて格好いい音楽とステージで応えられるよう頑張りますので、ぜひ期待してください」とコメントしている。

https://bts-official.jp/

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月3日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン