音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
アニメ監督・渡辺信一郎「夢が叶った」『キャロル&チューズデイ』成功を振り返る

アニメ監督・渡辺信一郎「夢が叶った」『キャロル&チューズデイ』成功を振り返る

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。1月20日(月)のオンエアでは、アニメ演出家・監督の渡辺信一郎さんが登場。サンライズ入社後、映画『マクロスプラス』で監督デビュー。以後、『カウボーイビバップ』や『サムライ・チャンプルー』、『坂道のアポロン』など、数多くのヒット作を生み出している。

この度、アニメ界のアカデミー賞ともいわれる「アニー賞」の絵コンテ部門に、渡辺監督が総監督を務めたアニメ『キャロル&チューズデイ』がノミネートされたということで、今作の魅力に迫った。

【関連記事】『キャロル&チューズデイ』に込めた思い


■音楽が重要な柱になった作品

別所:音楽プロデューサーとしても多くの作品に関わられてきた監督ですが、今作で使われた音楽の中で、特にこだわられた部分はどんなところでしょうか?
渡辺:自分はいまアニメの監督をやっていますけど、若い頃から音楽好きと言いますか、音楽マニアと言いますか(笑)。音楽が生活の中心だったので、このアニメのオファーが来たときに、とうとう来たかと思いましたね。いずれやらなければいけないと思っていたんですけれど。
別所:ご自身がこだわりのある音楽の世界だからこそ、余計にですよね。

また、登場キャラクターの使う楽器は、実在するメーカーやモデルであるなど、作品の中にはリアルな音楽とのハブがいくつか存在する。渡辺監督のこだわりを訊いた。

渡辺:このアニメは近未来の火星が舞台なんですけれど、だからといってSF的な世界観というわけではなくて、いまより少しだけ先の話を描きました。大半の音楽はAIによって作られているという世界です。音楽は衣食住と違って、無くなっても死んでしまうというものではないのに、人間はどうして音楽を必要としてしまうんだろうということを、この世界観によって浮き上がらせられればと思いました。
別所:しかもそこに実在の楽器を使うことで、名前を耳にしたとき、あるいは音を聴いたときにとても親近感を感じられますよね。
渡辺:そうなんです。架空の世界を舞台にすると、そこでキャラクターが生きているという現実感が薄らいでしまうんです。なので、現実的にあるものを出すことで、自分たちが生きているところと同じ世界なんだと、現実感が出てくるということなんです。

アニメ全24話の各タイトルは全て、名曲と呼ばれる楽曲タイトルから取られている。アニメファンのみならず音楽ファンも納得させる演出を、監督自ら語った。

渡辺:「最近の若い人は洋楽を聴かない」って言われているように、英語詞の曲へ抵抗があるようなんです。僕たちも英語がペラペラ話せるわけじゃないけれど、そんなことは関係なく洋楽に親しんで育ってきたので、それらを聴いてほしいなと思いますし、きっかけになれればいいなとも思います。




■パッケージにもこだわった本作

作品の内容だけではなく、興行の戦略的な面でも語られることの多い今作。監督に直接話を伺った。

別所:先日も、実際の歌唱シーンを担当するミュージシャンたちによるリアルコンサートの第3回目が行われたそうで。集まったファンの反応は、監督なりにどう受け止めていますか?
渡辺:やはり音楽ものをやるんだったら、音楽を担当してくれる人たちとライブをやりたいなと、制作とセットで思っていたくらいなんです。けれど実際に3回ライブを行うことができて、お客さんもたくさん来てくれて。非常に感無量だなという感じですね。
別所:そうですか! しかも、Netflixで世界各国に配信ということでしたが、これも大きいですよね。
渡辺:この作品を作るにあたって、歌を全て英語にしたいと思っていました。最初から世界が相手であるという土俵が用意されていたので、世界中で通じるものを作りたいという気持ちがありました。ただし、全て字幕が入るので、歌詞の意味もわかるようになっています。
別所:放送のみならず、CDや動画配信、ライブやBlu-ray・DVDなど、タッチポイントが増えていることについて、クリエイターとしてどう捉えてらっしゃいますか?
渡辺:いろいろな作品を目にしてもらいたいという気持ちはあったので、それがまた、いろいろな形でお届けできるというのは嬉しいですね。今作に関しては、いつか実現したいと思っていたライブも込みで作品にしたいという夢が叶ったなと思いました(笑)。

渡辺信一郎監督作品『キャロル&チューズデイ』は、Netflixにて独占配信中。また、今作のBlu-ray Disc BOX Vol.2/ DVD BOX Vol.2は2020年1月22日(水)リリース。ここでしか見られないメイキング映像も収録されているので、ぜひチェックしてみてほしい。


『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」では、あらゆる世界の本質に迫る。放送時間は8時35分から。お楽しみに!

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン