音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
BTSの『Permission to Dance』が2週連続で首位!リスナーからの声は?【最新チャート】

©BIGHIT MUSIC

BTSの『Permission to Dance』が2週連続で首位!リスナーからの声は?【最新チャート】

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)でBTS『Permission to Dance』が2週連続で1位を獲得した。

このチャートは、J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。番組では世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは8月1日(日)付のチャートを紹介!

10位:almost monday『til the end of time』

almost mondayはサンディエゴ出身のボーカルのDawson Daugherty、ベースのLuke Fabry、ギターのCole Clisbyからなる3人組。2015年にバンドを結成し、地元サンディエゴのサーフショップの奥の部屋でライブをしていたところ、The KillersやImagine Dragonsで知られるプロデューサーのMark Needhamに見いだされた。その後、飛行機の格納庫でライブをしていたところ、Hollywood Recordsの目に留まり契約を結んだという。ちなみに3人の共通のライフスタイルはサーフィンで、全員腕前はピカイチなのだとか。

9位:Maisie Peters『Psycho』

Maisie Petersはイギリスのブライトン出身、現在21歳のシンガーソングライター。12歳のころから曲を書き始めた彼女は、2015年に初めて自身の曲をYouTubeにアップして音楽活動を徐々にスタート。UKポップシーンで注目を集めるようになり、2020年には1年のグローバルのストリーミング再生回数、総再生回数が述べ2億回を突破。2021年の6月にはEd Sheeranが主宰するレーベルGingerbread Man Recordsと契約した。8月末にはデビューアルバム『You Signed Up for This』をリリースする。ちなみに『Psycho』のクレジットにはEdも名を連ねている。

8位:CHVRCHES『Good Girls』

CHVRCHESは今月末に通算4枚目となるスタジオアルバム『Screen Violence』をリリース。アルバムから2曲目となるシングル『Good Girls』は女性蔑視に対して物申す1曲となっている。紅一点のLauren Mayberryはこの曲について「女性はいつも自分自身が存在するための権利を正当化して、自分の居場所を確保しなければならない。いい子(Good Girls)にはBadなことは起きないと言われているし、自分を小さく安全に受け入れられるように、世間の理想に合わせていれば大丈夫だと言われているけど、それは真実ではない」と語っている。

7位:A_o『BLUE SOULS』

A_oのメンバーでもあるROTH BART BARONの三船雅也はこの日の『TOKIO HOT 100』にゲスト出演。前回はリモートだったが今回は初めてスタジオでトークを繰り広げた。クリスはTシャツをプレゼントされ「フジロックに着て行きたいと思います」とコメントした。

6位:beabadoobee『He Gets Me So High』

beabadoobeeは先日、Instagramにヘビとたわむれる写真を投稿。比較的小型のヘビを手に乗せてなでなでしたり、首に巻きつけていたりしているところから、かなりのヘビ好きなのかも?

5位:Ed Sheeran『Bad Habits』

『Bad Habits』がリリースされるやいなや、SNSでささやかれ始めたのが「Ed SheeranがThe Weeknd化している」という説。曲調や歌詞がどことなくThe Weekndっぽく、なによりもミュージックビデオで見せた濃いピンクのスーツ姿と特殊メイクがThe Weekndの『After Hours』を思わせるものに。Edがこの曲を書いたのは2021年の1月で、ちょうどグラミー賞やスーパーボウルでThe Weekndが話題にあがっていた時期だったため、そこでなんとなく影響されたのかも。

4位:さらさ『ネイルの島』

さらさは7月25日の『TOKIO HOT 100』にゲスト出演。茅ヶ崎出身の22歳で、サーファーの父、フランダンサーの母を持つという家庭環境で、クリスは「完ぺきトロピカル!という感じ」とコメント。ミュージシャンとしての目標は、80歳のおばあちゃんになって渋い『What’s Going on』を歌うことなのだとか。そんなさらさは8月7日(土)に表参道の「WALL&WALL」にてライブを開催する。

3位:Sigala & Rita Ora『You for Me』

『You for Me』はイギリスのDJ兼プロデューサーSigalaとRita Oraのコラボ曲。ソングライターとしてCharli XCXも参加しており、今年のサマーアンセムを狙った1曲だ。この曲のミュージックビデオでは6人のシンクロナイズドスイマーを起用してロサンゼルスで撮影。Ritaは自慢のビキニボディを披露している。

2位:millennium parade & Belle『U』

映画『竜とそばかすの姫』のメインテーマ曲。この曲を歌っているのは同作の主人公を演じている中村佳穂だ。映画音楽をいろどるスタッフはmillennium parade、中村以外にもとても豪華なメンバーが参加。サントラのプロデュースは『モテキ』や『全裸監督』といった数々の作品を手がけていた作曲家の岩崎太整で、サントラのチームのなかには『大豆田とわ子と三人の元夫』の劇伴を担当した坂東祐大も名を連ねている。さらに中村が演じる主人公の親友役の声優にはYOASOBIのikuraこと幾田りらや、主人公を母親のように見守る合唱隊のメンバーとして森山良子、清水ミチコ、坂本冬美といった面々も参加している。

1位:BTS『Permission to Dance』

2週連続の1位を達成。この曲にVOTEをした人たちからは「暑い夏もBTSに元気もらって乗り越えます♪」「歌、ダンス、世界的にスターになっても日々努力と挑戦し続ける姿、どれも本当にすばらしいの一言です。体に気をつけてファイティン!」「夏にぴったりの爽やかな曲! 引き続き首位をキープして欲しいです!!」といった声が寄せられた。

1位:BTS『Permission to Dance』
2位:millennium parade & Belle『U』
3位:Sigala & Rita Ora『You for Me』
4位:さらさ『ネイルの島』
5位:Ed Sheeran『Bad Habits』
6位:beabadoobee『He Gets Me So High』
7位:A_o『BLUE SOULS』
8位:CHVRCHES『Good Girls』
9位:Maisie Peters『Psycho』
10位:almost monday『til the end of time』


『SAISON CARD TOKIO HOT 100』ではさまざまなデータをもとに、世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。放送は毎週日曜の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年8月8日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
毎週日曜
13:00-16:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。