音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
本当の意味の「キレイ」とはなんだろう? 23歳のモデル・長谷川ミラの思いと、大切な“ケア”とは

本当の意味の「キレイ」とはなんだろう? 23歳のモデル・長谷川ミラの思いと、大切な“ケア”とは

[PR]提供:サンスター

“自分らしさ”が重要視される昨今。「キレイ」や「健やか」も定義が変わってきました。見た目の美しさだけにとらわれたり、健康を気遣うあまり我慢しすぎたりすると、メンタルが曇ってしまうことも。

人生100年時代において、「本当のキレイ」とはなんなのでしょうか。J-WAVE NEWSでは今回、ヘルシーな美しさと聡明さが同居する、モデル兼デザイナーの長谷川ミラさんにインタビュー。社会や環境の問題も発信し、同年代に影響を与える存在です。J-WAVEでは、金曜オンエアの番組『START LINE』でナビゲーターを担当。<すべき>より<したい>気持ちを大切にしようというコンセプトの番組で、明るい声を届けています。

現在、23歳。これから長く続いていく人生を見据えて、彼女はどんな状態を「キレイ」だと思うのでしょうか。 

「自分はどうありたいか」軸を持つことがキレイにつながる

hasegawami2105286.jpg
キレイって何だろうと考えたとき、私は、見た目ではなくメンタルや思考が整っていることが大事なんじゃないかなって思うんです。最近は、ソーシャルメディアの影響もあるのか、誰かが決めたキレイさに翻弄されている子が多い気がします。「美しくなければいけない、痩せていなければいけない」という情報に左右されてしまって、自分はどうありたいかという軸を持っていない。それ、本当にキレイな状態なのかなって。

私は、昔から“カワイイ”という言葉が嫌いなんです。なんでもかんでもカワイイと言う風潮があるけれど、「それでいいの?」と思ってしまうし、“カワイイ”に苦しめられている人も多い。完璧を求め過ぎてしまうあまりに、自分で自分を追い詰めてしまっては生きづらいだけ。

hasegawami2105288.jpg
そういえば少し前、セレーナ・ゴメスが、写真加工アプリの可愛くなれる“盛れるフィルター”を使うと「青い目」になることに対して苦言を呈したことがありました。「みんな、茶色い目だって美しいわ」とポジティブなメッセージを送っていた彼女の発言は、すごく印象に残っています。

肌や目の色、体型なんて、自分が納得していればいいこと。誰かとくらべてキレイになろうとしなくていいはずです。私は、自分の内面と向き合うことを大切にしたいと思っています。

hasegawami2105283.jpg
ちなみに私、最近、夜型から朝型に生活スタイルを変えたんです。夜には夜の良さがありますが、やっぱり朝早く起きて、日の光をたっぷり浴びて、ビタミンDを補給すると体が喜んでいる気がします。時間に余裕があるから、おいしいコーヒーを淹れて、「アボカドトーストを食べちゃおうかな」とか。

そんなひとときを過ごしていると、すごくハッピーでポジティブな気持ちが芽生えるんですよね。もしかしたら私にとっての“キレイな自分”は、そんな時間を過ごせる自分、なのかもしれません。

人生100年時代。「心地よい生き方」で健やかさを保ちたい

hasegawami2105281.jpg
それからもうひとつ思うのは、年齢を重ねたときのキレイさについて。私の母は50代ですが、すごくキレイな人なんです。近くで見ていると、昔よりも自信に満ち溢れてきているし、ハッピーなオーラに包まれているなって。

ちなみに母は漢方やサプリに詳しくて、身体のケアをとても大切にしている人なんですけど、祖母は真逆! いま80代ですが、たばこも吸うんです。でも、身体はいたって健康で、ゴルフが大好き。日焼けしてシミもあるけど、姿勢はピンとしていて、すごくキレイな人だなと感じます。やっぱり自分にとって心地良い生き方を実践することが大事なのかもしれません。私は二人のいいとこどりをした生き方をしたいな。

健康でいるために「オーラルケア」は念入りに

hasegawami2105282.jpg
年齢を重ねても楽しくすごすために、今から健康も心がけています。特に大事だと思っているのはオーラルケア。私の父は、歯の治療のためにカナダに足を運ぶほど意識が高くて、私も子どもの頃から歯のメンテナンスに力を入れているんです。

虫歯や歯周病は、歯の健康だけじゃなく、ほかの病気を引き起こすなど身体全体に影響があるといわれていますよね。見た目としても、歯がキレイだと相手にいい印象を与えます。自分の健康のためでもあるし、良好なコミュニケーションのためにも、オーラルケアはこれからも大事にしたいですね。

hasegawami2105289.jpg

長谷川ミラがサンスターに聞く! 日本人に足りない「歯のケア」とは?

日本人は欧米と比べて、オーラルケアの意識が低いと言われています。とくに若い世代だと、「口臭」「着色汚れ」にばかり気をとられがちではないでしょうか。しかし、口臭、着色汚れなどに加え、むし歯や歯周病などにも気をつけて、毎日のオーラルケアでしっかりお口の健康を守ることが重要です。今日から取り入れたいケアとは? 多くのオーラルケア製品を発売するサンスターの広報・一坂理絵さんに、長谷川さんが話を訊きました。

――プロの目から見て、不足しがちなケアって何ですか?

フロスや歯間ブラシ等の歯間清掃具、マウスウォッシュの使用ですね。欧米に比べ日本人の使用率が低いといわれていますが、使用率は、まだ3~4割程度(サンスター調べ)です。日本の方はまだまだハブラシ、ハミガキのみを使用して歯をみがくの方が多いと思います。

hasegawami21052811.jpg
――やっぱり歯ブラシだけではダメなんですね。

はい、お口のケアで重要なことは、プラーク(歯垢)をしっかりと除去することですが、残念ながらハブラシだけでは、歯間部のプラーク(歯垢)を6割くらいしか除去できません。ですから、ハブラシ以外のアイテムでしっかりと除去することが大事です。

――具体的には、どんなケアが必要でしょうか?

ハブラシで歯をみがいた後、フロスや歯間ブラシで歯間の汚れをしっかり取り、洗口液ですすぐ、という流れをおすすめします。また、寝ている間は唾液の分泌量が減るので、菌が繁殖しやすくなります。そのため、殺菌成分が入った洗口液の使用をおすすめします。サンスターからは、就寝前に適したマウスウォッシュ「ガム・ナイトケアリンス」も展開しています。外出時のケアとしては、吐き出す必要のない「お口のど殺菌スプレー」や、化粧ポーチに入れて合うデザインの「オーラツー プレミアム クレンジングフロス」もあります。

hasegawami21052810.jpg
――朝と夜でアイテムを変えたり、出先でもケアするとよさそうですね。ちなみに、若い世代だと「歯周病」を気にする人はまだ少ないように思いますが、実は歯だけではなく身体にも悪影響があるんですよね?

その通りです。歯周病と全身の関連性が注目されるようになったのは、2000年ごろからです。歯周病は、お口の中だけの病気ととらえずに全身との関連を考え取り組むことが必要となっています。ただ、歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)といわれており、痛みなどがないので、悪化するまで気が付かない人がほとんど。30代から進行しはじめて、50代になって歯を抜くケースが少なくありません。歯がぐらぐらしてくるといった症状が出てきてからでは遅いところが厄介です。

――それ、怖いですね!

だからこそ、毎日のケアを心がける必要があるんです。サンスターでも、むし歯や歯周病に気をつけましょうということだけではなく、お口の健康を起点として、全身の健康と豊かな人生を送ってほしいという願いから、「100年mouth 100年health」というメッセージを掲げているんです。

suntopics_P600x400.jpg
日々のケアにプラスして、歯科でメンテナンスをするのも大切です。最近では増えていますが、まだまだ、日本では歯の健康診断は一般的ではなく、歯の調子が悪くなってから歯医者さんに行きますよね。でも、歯は予防が大事。定期的な検診とクリーニングが重要です。

――すごく勉強になりました。20代でオーラルケアというと、口臭予防やホワイトニングがメジャーですが、健康のためには歯周病などその他のケアも大事ということですよね。家族や大切な人たちにも伝えていきたいです。

サンスターでは今、離れて暮らす大切な人に、オリジナルのメッセージとともに、オーラルケア製品などを贈れるキャンペーンを実施中なんです。ハブラシ、ハミガキだけでなく、歯間の汚れをとれる「ガム・ウェルプラス 曲がるソフトピック」なども入っているので、プレゼントと一緒にケアの大切さを伝えるといいかもしれませんね。
──どんなキャンペーンなんですか?

コロナ禍で、なかなか人に会えなくなりましたよね。感染予防のため帰省を控える人も多いと思います。相手の健康を願うからこそ会わないという選択をしているわけですが、その思いやりは、“見えない想い”です。そこで、そんな見えない思いやりや健康を願う気持ちを形にして、遠くに住む、今なかなか会えない人たち届けられたらと考え、メッセージや写真とともにオーラルケア製品などを贈れるキャンペーンを始めました。「離れて暮らす大切な人の明日の健康を願うギフトキャンペーン」は、抽選で1,000名様に当たるので、ぜひミラさんも応募してみてください。

――素敵なキャンペーンですね! 私は祖母に写真を添えて贈ってみたいなと思いました。

hasegawami2105285.jpg
“離れて暮らす大切な人”であれば、相手との関係性は問わないそう。オーラルケア製品などと、あなたの優しさを伝えるメッセージや写真とともに、歯の健康に気を配るという新習慣をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

(取材・文=末吉陽子、撮影=竹内洋平)

「離れて暮らす大切な人の明日の健康を願うギフトキャンペーン」概要

期間中にクラブサンスター公式アカウント(@clubsunstar)をフォローし、2021年6月4日(金)にクラブサンスター公式アカウントが投稿した本キャンペーンツイートをリツイートしていただいた方の中から、抽選で1,000名様にスペシャルギフトBOXをプレゼント!

■応募期間
2021年6月4日(金)~2021年6月30日(水)23:59

■応募方法
1.公式Twitterアカウント(@clubsunstar)をフォロー。
2. 6月4日に公式アカウントがつぶやくキャンペーン対象ツイートをリツイートしてください

■賞品/当選数
メッセージ、写真と、サンスター製品の入ったスペシャルギフトBOX 1,000名様
*ギフトボックスは直接ご指定先へ発送します。(国内のみ)
詳しくは、公式ページをチェック!

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン