音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
上白石萌歌が「東京ってすごいな」と感じた出来事は? 思い出のパン屋を明かす

上白石萌歌が「東京ってすごいな」と感じた出来事は? 思い出のパン屋を明かす

J-WAVEで放送中の番組『START LINE』のワンコーナー「TOKYO KANDO SEN WONDER CIRCLE STORIES」(ナビゲーター:長谷川ミラ)。ゲストが山手線沿線で思い入れのある場所とそのストーリーを語る。

12月18日(金)のオンエアでは、女優で歌手の上白石萌歌が登場。山手線・西日暮里駅にまつわる思い出を語った。

オーディションを行くときにも乗った山手線

上白石は鹿児島県出身の20歳。2011年に第7回東宝シンデレラオーディションで、史上最年少の10歳でグランプリを受賞して芸能界入り。2018年公開の映画『羊と鋼の森』で姉の上白石萌音と映画初共演をして、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した。現在は映画、ドラマ、音楽とさまざまな分野で活躍中だ。

上白石:出身地の鹿児島ってあまり電車が通っていなくて、基本移動といえば車なんです。東京に来ていちばん最初に「かっこいいな」と思ったのは山手線で、緑色ってかっこいいなと(笑)。主要な場所にも行きやすい電車ですし、けっこう山手線に乗ってオーディション会場に向かうこともたくさんありました。

オーディションに向かっているときは台本をチェックしたり、深呼吸をしたりと、気が気ではなかったと振り返る上白石。普段は、電車では音楽を聴くのが好きなのだとか。

上白石:景色も変わるし、人も変わるので、電車のなかで音楽を聴くのはすごくはかどるんです。電車のなかで聴いた音楽はけっこう忘れないものですね。上京したてのころはずっといきものがかりを聴いてました。『帰りたくなったよ』とかを聴いて「本当に帰りたいな」と思ったりとか(笑)。いきものがかりさんの曲はすごくまっすぐ心にしみてくるので、上京の思い出にすごく寄り添ってくれて、いまでも聴いて初心に帰ることがあります。

西日暮里の思い出の地「ポポー」

そんな上白石の思い出の駅は「西日暮里駅」。西日暮里の、とあるお店が思い出に残っているのだそう。

上白石:駅の近くに「ポポー」というサンドイッチ屋さんがあるんですが、そこがすごく好きなんです。雑誌でこのお店見つけて、実際に雑誌に載っているお店にいけるのというので「東京ってすごいな」と思いました。そこのサンドイッチはすごくおいしくて、すぐに売り切れちゃうんです。イートインスペースはなくて、カウンターでおじいちゃんとおばあちゃんがやっているようなお店で、サンドイッチはめちゃくちゃ具がぎっしり詰まってます。たまごサンドもおいしいし、カツサンドもおいしいし、フルーツサンドはすごくレアでなかなか手に入らないので、私はまだ1回も食べたことがないんです。なのでぜひみなさん、早起きをしてフルーツサンドを西日暮里でゲットしてみてください。パンもふわふわでおいしいんです。パッケージもレトロな感じですごくかわいいので、きっと“映え”もすると思います。そのあたりにみなさん行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

上白石は、12月25日公開の『劇場版ポケットモンスターココ』に声優として出演。また、2021年1月3、4日には出演ドラマ『教場Ⅱ』のオンエアが控えている。その他の最新情報はTwitterまで。

「東京感動線」公式ホームページでは、山手線にちなんださまざまなプロジェクトが進行中だ。

『START LINE』のワンコーナー「TOKYO KANDO SEN WONDER CIRCLE STORIES」では、東京感動線エリアを舞台に、ゲストの想い入れのある場所とそのストーリーを語る。オンエアは毎週金曜の17時40分ごろから。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月25日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
START LINE
毎週金曜
16:30-20:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。