音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
aiko「楽しいことって一生は続かない」 切ない歌詞を生み出す、“ちょっとネガティブな部分”を告白

aiko「楽しいことって一生は続かない」 切ない歌詞を生み出す、“ちょっとネガティブな部分”を告白

『ハニーメモリー』をリリースしたaikoが、楽曲の制作秘話や、今後の展望を語った。

aikoが登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」。10月23日(金)のオンエア。

同じ歌詞からいろんな曲を作る

aikoは楽曲をリリースする際、たくさん書いた曲の中からひとつを選び出すのだという。新曲『ハニーメモリー』は、18曲の中から選ばれた。

aiko-『ハニーメモリー』music video

aiko:新型コロナが世の中を大変な状態にして、緊急事態宣言が出て、どうしたらいいかわからなくて。普段の日常と変わるじゃないですか。ラジオをお聴きのみなさんもそうだと思うんですけど、家にいなくちゃいけなくなって、会社に行けなくなって、気がついたらごはんと掃除と洗濯のことしか考えない日々が続きました。それも大切なことなんやけど、「大丈夫なんかな」じゃなくて「私、曲を書きたいな」と思ったので、18曲書いて(笑)。そこから1曲を選びました。ビビリなんで、1曲に全てを込めて勝負するということがとても苦手なんです。書きたいだけ書いて、スタッフの方に聴いていただいて、「どの曲にしようか」と話し合いながら、これまでも曲を作り続けてきました。コロナ禍でも、ずっと曲を作っていました。

aikoは、歌詞を先に書いてから曲を付けるスタイルだ。

aiko:ピアノの譜面台のところに歌詞を置いて、同じ歌詞でいろんな曲を作るみたいな。そのなかで自分が一番気に入ったものをスタッフの方に聴いていただきます。『ハニーメモリー』を作ったときは、最初にこのメロディが浮かんで。違うメロディも作ってみたりしたんですけど、このメロディ、リズム、テンポがいちばんよかったなと思いました。

「僕」という一人称を使うと、思っていることが素直に言える

『ハニーメモリー』は、別れた恋人への思いを吐露する内容だ。「いつも悪いなって思ってたよ 夜明け前に帰ると洗面所だけ電気が付いてた」というAメロの歌詞が、最初に浮かんだそう。

aiko:このときは、自分がこういう気持ちだったというか、こういう心境に陥っていて、それがそのままブワッと歌詞に出てきた感じでしたね。普段の曲は「あたし」で書いているんですけれど、今回の曲は一人称を「僕」で書きました。だから「相手はこんなふうに思っていたのかな」と「私はこんなふうに思っていたな」という混ざった曲だという感じが、できあがったあとにしました。「あたし」を使うと女性目線なので、女性として生きてきて思っていても言葉にしないことがいっぱいあって。でも、「僕」を使うと、なぜか自分のなかに留めていたことが全部出てくるんですよね。「僕」という言葉を使うと、思っていることを素直に言えている気がします。

歌詞には、実体験が活かされている。

aiko:好きな人に言われたことで嬉しかったり、悲しくなったり、心ないことを言われてしまったり、人と人なんでいろいろあるじゃないですか。そのときに、「この人の前でずっと笑ってるにはどうしたらいいやろ?」「ああ、一回死んで生まれ変わるしかないねんな」と思ったことが何度かあって、その記憶が心の底にサビみたいにこびりついているんですよね。それが『ハニーメモリー』の歌詞になりました。

aikoは「たぶん、私は悲しい曲を作るほうが好きなんだと思います」と自己分析する。

aiko:あと、性格なんやと思うんですけど、「楽しいことって一生は続けへん」みたいな(笑)、ちょっとネガティブなところがあって。すごくいいことがあったら悪いことがくるんじゃないかと思って、夜中に落ち込んでしまうことが多いんですね。たとえば、好きな人と両想いなのかもしれないと思った瞬間も、ふられたときのことを想像して「ダメかもしれない」って思うことが多くて。そういう悲しい曲のほうが歌詞にしたいと思うんですよね。楽しいときは携帯とかを見ていて、悲しいときは気持ちを文字にすることが多いです。

このまま永遠に続けたい そう思わせてくれるスタッフに感謝

98年のデビュー以降、ラブソングを作り続けてきたaiko。これから先は、どんな音楽を作ろうと考えているのか。

aiko:22歳のころにデビューしたので、当時インタビューしてくださったライターさんに「30歳を超えて結婚とかされたら、お子さんの曲とか書くんですかね」と言われて、「どうですかね」と言ってたら、22年経っていたんですよね。だから、このまま変わらず、頭の中にある曲を書き続けて終わりがきたらいいなって思ってます。だから、きっと変わらないと……このままずっと自分が作りたい曲を作って、「もうあかん!」というところまで、永遠にやりたい。そう思える環境をくれたスタッフの方がすごいと、めっちゃ思いますね。「こういうテーマで曲を書いてほしい」とかって、今まで言われたことが一回もないんですよね。逆にこっちが「クリスマスの曲とか書いたほうがいいんかな……」って不安になったりするんですけど(笑)、できなくって。書けないんですよね。そのぶん曲をいっぱい書いて、「たくさん作ったよ」と伝えて、スタッフの方が驚いてくれるのを楽しみに書いているというか。

社会がどうなっていくかわからない状況のなか、自分にできることを一生懸命やろうと、楽曲制作に励んでいる。

aiko:レコーディングをいっぱいしようと思って。あと2ヶ月ちょいの今年中に何曲書けるかな、絶対に曲を作るというのを目標にしています。またスタッフのみなさんに、「すいません……15曲しかできませんでした……」って冗談で言えるくらいがんばって、楽しくやりたいです。

aikoの公式サイトはこちらから。

『-JK RADIO-TOKYO UNITED』のワンコーナー「THE HIDDEN STORY」では、トップセラーからモノづくりにかける夢を聞く。放送は毎週金曜の10時40分から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年10月30日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
-JK RADIO-TOKYO UNITED
毎週金曜
6:00-11:30
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン