音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
坂本龍一が語る 新型コロナウイルス状況下で「音楽・アートの役割」とは何か

坂本龍一が語る 新型コロナウイルス状況下で「音楽・アートの役割」とは何か

音楽家・坂本龍一が、新型コロナウイルスで社会が揺れる中で、音楽・アートの役割とは何か、自身の考えを述べた。

坂本がトークしたのは、4月5日(日)からスタートしたJ-WAVEのPodcast連動プログラム『INNOVATION WORLD ERA』のワンコーナー「FROM THE NEXT ERA」。同番組の第一週目のナビゲーターであるライゾマティクスの真鍋大度と語り合った。状況を鑑み、今回の放送はリモートで収録された。


■新型コロナウイルス、日本の対応に危機感

坂本はニューヨーク在住だが、3月頭からは日本で過ごしているそうだ。ヨーロッパやアメリカの急速な感染の拡大やロックダウンに比べ、日本の状況は「非常にゆるくて」と危機感を示した。坂本は日本にいながらニューヨークの方針に準じ、早い段階から外出の自粛をしていたという。

「友だちと気軽に会ったりできないことは、ストレスです。しかし、世界を見ると、人工呼吸器がなくて一日に何十人も亡くなっている。それに比べれば、家に籠もっているストレスなんて、ニューヨークのアンドリュー・クオモ知事も言っていますが、贅沢です。先進国と言われるヨーロッパやアメリカで、デバイスがないから亡くなっている状況なんだということを、日本のみなさんも共有してほしいですね」(坂本)

また「見たくても見られなかった本や映画などに触れ、自分に養分を与えるいい機会ではないか」とも話し、真鍋も同意した。

ビデオ通話を用いた「オンライン飲み会」も話題になっている。坂本はまだチャレンジしていないが、真鍋は少しずつ試している。ただ会話を楽しむだけではなく、「そこに新しいアイデアもあるかな」と考えているようだ。

「リアルスペースで10人、20人とかで集まって話すと、自然とグループ分けされていくじゃないですか。でも、今のところオンラインのツールは、同じグループで話しますよね。話している内容をAIとかで解析して、自然にグループ分けをするなど、新しいオンラインのコミュニケーションが出てくるんじゃないかと考えながら試しています」(真鍋)

新型コロナウイルスが終息したあとは、ポスト・パンデミックの時代が来る。これまでアナログな方法で仕事をしていた業種でも、オンライン化に適応しないことには生き残れないだろうと、坂本は述べた。

『INNOVATION WORLD ERA』


■「アートや音楽は食えません」 非常時の役割とは

坂本は、過去のライブ映像の無料配信をスタートした。多くの人が家にいる今、「退屈しのぎになれば」と謙遜気味に語る。作品を無料で楽しめる状態にすることは、エンターテインメントのあり方としていいのかどうかという議論はあるが、「今は非常時だから」と坂本は考えている。

このような社会状況の中で、ミュージシャンやアーティストとしての役割をどう考えていくのがいいのか。真鍋が問いかけると、坂本は「当然、そういう疑問は生まれますよね。3.11のときもそうでしたが」と共感しつつ、「結論はないけれど、僕が考えていることとしては、アートや音楽は食えません。自然災害にしろテロにしろ、水がない、寝る場所がないというとき、アートや音楽を楽しむ余裕はない」と率直に答える。自身も9.11のテロ後は、音楽を楽しむ気分にはなれなかったと振り返った。

人類の長い歴史を考えれば、今よりも厳しい状況は出来事は何度もあった。そんな中で世界は、一度もアートや音楽を失わずに発展してきたからこそ、今に受け継がれている。「失われなかったということが、大事な気がします。それを考えると、今のような状況のときのアートや音楽は、“砂漠の中の一滴の水”であればいいかなと」「厳しいときに、救われたり力を得たりということがある。たぶんそういうものなんだと思います」と持論を述べた。

ミュージシャンのみならず、活動を支えるスタッフやライブハウスも危機的状況に陥っている。日本では政府から支援の話が出ていないが、ドイツでは文化大臣がリミットなく援助することを表明している。その理由は「文化は命に関わるもの」と考えているかただ。これに対し坂本は、「文化を大事に思う度合いに、(日本とドイツとで)これだけ開きがあるのか」と衝撃を明かした。

番組ではその他にも、坂本が95年からおこなっている「リモートライブ」に関する話題も。また、今後ライブなどをオンラインで配信していく上でのテクノロジーへの期待なども語り合った。デジタル音声コンテンツ配信サービス 「SPINEAR」の他、SpotifyやYouTubeなど各ポッドキャストサービスではノーカット版を配信中。

Appleポッドキャスト 登録はコチラ
Googleポッドキャスト 登録はコチラ

【詳細】デジタル音声コンテンツ配信サービス 「SPINEAR」4月7日よりβ版日本サービス開始!

同番組は、各界のイノベーターが週替りでナビゲートする。第1週目はライゾマティクスの真鍋大度、第2週目はASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文、第3週目は女優で創作あーちすとの「のん」、第4週目はクリエイティブディレクター・小橋賢児。

【番組情報】
番組名:『INNOVATION WORLD ERA』
放送日時:日曜 23:00-23:54/SPINEAR、Spotify、YouTubeでも配信
オフィシャルサイト: https://www.spinear.com/shows/innovation-world-era/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン