音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
KANA-BOON・谷口 鮪、メンバー脱退を経て…“悲しみ”にも向き合って曲を作った

KANA-BOON・谷口 鮪、メンバー脱退を経て…“悲しみ”にも向き合って曲を作った

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月4日(水)のオンエアでは、KANA-BOONの谷口 鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗(Gt.)、小泉貴裕(Dr.)が3人そろって登場。オンエア日にリリースした、ニューシングル『スターマーカー』と初のベスト盤『KANA-BOON THE BEST』についてたっぷり語った。


■ベスト盤にはインディーズ時代の曲も

『KANA-BOON THE BEST』に込めた思いとして、谷口は「僕たちにとっては去年にメンバーの飯田祐馬(Ba.)の脱退があって3人になったから、これまでのKANA-BOONもちゃんと知ってもらってもらいたいなと思ってリリースした」と語る。

今回のベスト盤はこれまでのシングル曲や代表曲、メンバーセレクト曲の他に、インディーズ時代の曲を新録した『スノーエスカー』を収録している。

谷口:『スノーエスカー』は20歳くらいの頃に作った曲ですね。
サッシャ:昔の曲を歌うってどんな気持ち?
谷口:聴き比べて、声が全然違うなと思いました。当時の音源を聴き返したりもしましたけど、声の質感が全然違うので、本当に別人くらいの感じでした。それでも、このベスト盤の『ないものねだり』とかデビューして初期の曲と今を比べても全然声が違うので、たくましくなったというか太くなったというか。
サッシャ:昔の歌詞はどんな世界観だった?
谷口:相変わらず女々しいですね(笑)。いつまで失恋を引きずってるんだって。その感情が揺れ動くところは、変わらないですね。
サッシャ:昔の曲を歌って恥ずかしい気持ちはないわけですね。
谷口:それはないですね。歌っていてしみじみはしますけど。当時の気持ちが残ったまま再び傷ついたり(笑)。


■心のマーブル模様を歌った新曲『マーブル』

『KANA-BOON THE BEST』には新曲『マーブル』も収録している。

谷口:バンドが3人になって、あまり悲しみとか痛みとかさみしさとか、そういう気持ちを見ずに明るい気持ちでバンドをやっていくこともできたと思うけど、僕たちにとってはそういう人が避けて通れないところをちゃんと歌っていくのがKANA-BOONらしい姿勢かなと思ったので、メンバーが抜けたこともあるし、これから3人でやっていく力強さもあるし、そういうことも歌っています。そうじゃなくても、これから春に向けてみんなもいろんな別れがあると思うので、そこに支えとなりそばにいてくれるような曲にしたかった。挑戦をテーマにしていたりもしたので。

曲名にもなった「マーブル」について谷口はこう続ける。

谷川:僕たちはいろんな感情が一気に渦巻いたから、それを今ちゃんと歌えるのはKANA-BOONしかいないので、心のマーブル模様を歌おうと思って作りました。
小泉:僕もこの曲はデモが仕上がった段階で、大事な曲だなと思っていていました。リズムで捉えるのではなくて、歌の一部になり得るようにドラムを叩きたいなと思って、一音一音に感情を持たせるように叩いたので、それが曲に現れていると思います。
古賀:僕はギターにおいては偏った感情を出しがちでし、悲しいと感じたら悲しさ全開で弾いていました。でもこの曲でステップが上がったような気がしていて、悲しさの中にも前を向く気持ちとか、2つ以上の感情が自分の中に生まれて、それをギター1本で表現するところに着地できたので、すごく成長できた曲ですね。


■『スターマーカー』は3人になったからこそできるチャレンジ

ニューシングル『スターマーカー』はフジファブリック金澤ダイスケ(Key.)が演奏とアレンジで参加。この曲はTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニング曲にもなっている。

サッシャ:フジファブリック金澤さんと一緒にやろうと思ったきっかけは?
谷口:もともとピアノやシンセサイザーをデモでは入れていたんですけど、KANA-BOON以外の楽器のセオリーも知らない、ルールも知らないので、そこの道のプロにお願いしたいなと思いました。ダイちゃん先生(金澤)対バンもしていてお世話にもなっているし、KANA-BOONのよさを知ってくれている。もちろん僕たちもフジファブリックが大好きで、このタイミングで先輩と一緒に音楽を作ってみることも、3人になったからこそできるチャレンジなのかもしれないなと思って、この曲に挑みました。
サッシャ:曲にフジファブリックの要素は入ったんですか?
谷口:わりと自分たちに合わせてくれたんですけど、ダイちゃん先生と最初にディスカッションをしているときに、「ダイちゃん先生らしさを存分に入れてもらって、そこがKANA-BOONと融合する曲が聴きたい」と伝えました。だから、わりと自由にやってもらった感じはありましたね。
サッシャ:じゃあ、たくさん刺激もあったわけですね。
谷口:とても刺激的で、好きな人の好きなプレイをレコーディングで見られることも、ファンとしてうれしかったですね。ミュージシャンとしてのカッコいい姿を目の前で見られることも、すごく成長に繋がりましたね。

4月から全国ツアー『KANA-BOON THE BEST TOUR 2020』がスタートするKANA-BOON。今後について谷口は「ダイちゃん先生と音楽を作ることをやれてすごく達成感があったので、またいろんな人とコラボなど積極的にやっていきたい」と抱負を語った。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月11日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン