音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
東京国立博物館で『時をかける少女』の野外上映会

東京国立博物館で『時をかける少女』の野外上映会

J-WAVE土曜の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JR EAST STATION TO STATION」。10月4日のオンエアでは、「博物館で野外シネマ」を紹介しました。

今月10日と11日、上野の東京国立博物館で開催される同イベント。野外シネマは初の試みとなるそうです。上映作品は、細田守監督の長編アニメーション映画『時をかける少女』。もともとは筒井康隆の原作ですが、同映画は、原作の20年後が舞台となっており、細田守監督はこの映画でブレイク。その後も『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』と大ヒット作を世に送り出しました。実は、『時をかける少女』の主人公・真琴の叔母である芳山和子が、絵画の修復師として勤めているのが東京国立博物館という設定から、今回のイベントに選ばれたとか。

日本トップクラスの収蔵品を誇る同博物館ですが、「なかなか行く機会がない」「どんなところか分からない」など、まだ来たことのない幅広い層に、東京国立博物館の雰囲気を知ってもらうために企画されたそうです。

開催時間は19時~。席数は800席で無料。当日は「アジアフェスinトーハク」の開催期間中であり、会場ではアジアの展示やイベントのほか、韓国のプルコギ、タイのガパオ、シンガポールのチキンライスなどが提供されますので、日中から出かけて、夜は野外で上映会を楽しむというプランも良さそうですよ。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。