音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
自然の力でおいしさ倍増! 新潟発の「雪室」グルメ

自然の力でおいしさ倍増! 新潟発の「雪室」グルメ

J-WAVE 平日(月~金)夜の番組「JAM THE WORLD」 のワンコーナー
「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。 10月1日のオンエアでは、新潟県知事の泉田裕彦さんがゲストに登場し、 新潟発のおすすめグルメを紹介しました。

ワインもビールも、日本で初めて作ったのは新潟県人だということを
ご存じ でしたか。 今また、新潟発の新たなワインづくりが盛んになっている
そうです。 また、麦茶に使用される六条麦を初めて使って作られた焼酎も登場。 「新潟県人はお酒に目がありませんから、いろいろなトライがあるのかなと。 いろいろやっています」と、新潟県知事の泉田裕彦さんは、 新潟県人のチャレンジ精神について胸を張ります。

そして今、新潟発の新たなグルメが話題を集めています。 それが「雪室」グルメ。雪室とは、雪国の人たちの知恵で生まれた自然の冷蔵庫のようなもの。
一躍脚光を浴びた雪下人参をはじめ、新潟の雪室ではコーヒーやワインなど、
さまざまな雪室グルメが登場しているというのです。

「おすすめなのが雪下人参。これが甘いんです。なんで甘いかというと、 普通の人参と違って、雪室の中に入れておくと、 人参がこの寒さに耐えようとしてカラダを守ろうとするんです。 そうすると、カラダを自分で分解してエネルギーに変えようとするので、 分解したときに自然の甘さを生み、本当に甘くなるんです。 同じ原理でコーヒーや雪室のお酒もあります。 これがまろやかになるんですよ」(泉田知事)

八海山に登場したカフェなどを併設した雪室を訪れたナビゲーターの小黒一三さんは、 その印象を雰囲気のある建築物と緑あふれるロケーションに、 まるでイタリアにいるのかのようだったと言います。

「最近、増えているんです、雪室。やっぱりエコとの関係というのもあるし、 冷蔵庫と違い、雪室だと、同じ気温、同じ湿度で熟成させるので、おいしくなるんです。 野菜の味のほうもパキーンと食べていただいて、 ぜひ楽しんでいただきたい」(泉田知事)

百聞は一見に如かずです。
自然の力でおいしさが増すという雪室グルメ、一度、味わってみては。

【関連サイト】
「JAM THE WORLD」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。