音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ヘアスタイルで重要なのは、正面ではなく横と後ろ姿?

ヘアスタイルで重要なのは、正面ではなく横と後ろ姿?

J-WAVEの日曜午前の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:リアド
慈英蘭)の ワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」。 10月26日のオンエアでは、ヘアスタイリスト松浦美穂さんが登場しました。

ヘアサロンTwiggyのオーナーで、人気No.1ヘアスタイリストでもある松浦さん。
9月に発売された、初のヘアスタイルブック『松浦美穂の3Dヘア』では、 木村
カエラさんとRYOさんが誌上でイメチェンに挑戦したり、 さまざまな女優やアーティストから寄せられた言葉なども掲載。 松浦さんに寄せる著名人たちの信頼の大きさが伺えます。

さて、この「3Dヘア」ですが、松浦さんによれば、「Twiggyスタイル、立体的な
ヘアスタイル」とのこと。 松浦さんのカットは“後頭部”が命だそう。 なぜなら人は、正面から見たときよりも、横や後ろから見たときに、 その人の髪型を「似合う」と判断するからだそうです。

「前から見るのは自分自身と、お話しする相手だけなんですよ。 話しているときも、前髪と目だけで、あとはぼんやりとしたフレームしか見えてないんです。
だから、前髪は毎日アレンジできるものでいいと思うんですよ。 たとえば、おろしたり、ジェルをつけて横に這わせたり、上げてリーゼントにしたり……。 それは毎日着替えるように、目や鼻や口とお揃いの延長にあるのに動かせるもの。それが前髪」と松浦さん。 「横姿、後ろ姿っていうのが美容師の役割なんですよ。『横向きと後ろ向きは任せて』って いう美容師さんと相談して、ヘアスタイルを作っていけると安心だよねって思います」とも。

たしかに、正面よりも横や後ろから見られていることの方が多いですよね。
そんな松浦さんが考えるヘアスタイリングとは何なのでしょう。

「ヘアスタイリングというのは、毎日の靴だったり、バックだったり、帽子だったり、 マフラーやストールだったり、それくらい変えていけるもの。 もっとファッションのアイテムとして、ヘアスタイルを楽しんでほしいと思います」(松浦さん)

また「髪の毛と頭皮は別物」と話す松浦さん。頭皮は顔の皮の延長であり、 たとえば、日焼け止めを顔だけに塗っても、頭皮が焼けてしまうと、 毛穴の老化が早くなってしまうそう。頭皮にもトニックなどを塗って 守ってあげることが大事なのだそうです。

「髪自体は叫ばないので、いかようにでも遊ぼうよ、というのが私の心理です。
ヘアスタイルは遊ぶもの。頭皮は守るもの」(松浦さん)

ヘアスタイルに対する概念を180度変えられるような松浦さんの言葉。 ちなみに、松浦さんによれば、その人に似合う髪型は「100通りある」とのこと。 意外と思いますが、これも普段、正面からしか見ていないから、 自分に似合うヘアスタイルが分かりづらくなっているそうです。 この機会に、マンネリ化したヘアスタイルを変えてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。