音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
乃木坂46・齋藤飛鳥に、ハリー杉山が謝罪。その理由は…

乃木坂46・齋藤飛鳥に、ハリー杉山が謝罪。その理由は…

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーだ。10月3日(土)のオンエアでは、9月に学んだ英語を復習。そしてリスナーからの英語に関する質問に答えた。

ハリー杉山、痛恨のミス!

齋藤からのあいさつ「Good morning! How are you?」(おはよう! 元気?)でスタート。その後、ハリーは突然「飛鳥ちゃんに謝らなければならないことがふたつあります」と話し始めた。一体どういうことだろうか。

ハリー:NHKの番組『これでわかった!世界のいま』の最後で、国旗に関するクイズが出たんです。私、国旗や地理にすごく詳しいはずなんですけど、ミャンマーとソマリアの国旗を間違えてしまいました。
齋藤:あーあ。
ハリー:飛鳥ちゃんと長年お仕事をさせていただいているのに……。
齋藤:森崎ウィンさんとも仲睦まじくお話されていたのに。(※齋藤は母がミャンマー人、森崎はミャンマー出身)
ハリー:一応、番組内で飛鳥ちゃんとウィンくんに謝らせていただきました。公共の電波を使って(笑)。それだけではなく、Instagramでも「謝りたい」と投稿したんですよ。そのときにハッシュタグで「森崎ウィン」「齋藤飛鳥」って入れたんですけど、「齋藤」を「斎藤」と間違えていて……。
齋藤:それは私のファンの人がすぐ捕まえますから(笑)。

ハリー:いまは書き順も正しく書けるようになりました。大変、申し訳ございませんでした。
齋藤:大丈夫です(笑)。

9月の復習! 赤ちゃんをあやすときの英語は?

続いて、9月に学んだ英語をクイズ形式で復習した。みなさんもぜひトライしてみて。

Q:褒め言葉で「あなたの空気感、オーラが素敵だね」は英語でなんという?

A:You got good vibes.

Q:赤ちゃんをあやす「いないいないばあ」は英語でなんという?

A:Peek-a-boo!

Q:「お任せで」は英語でなんという?

A:Up to you.

リスナーからの質問に回答!「産毛」は英語でなんという?

コーナー後半では、リスナーからの英語に関する質問に答えた。

「音楽を聴いて『テンションが上がる』は英語でなんといいますか?」

ハリー:「テンションが上がる」って「Great」「Awesome」「Fantastic」とかがあるんだけど、それ以外に「Yes, sir」っていう。もともと軍隊で目上の人に対して「承知しました」という意味で使われていた言葉ですが、最近はアメリカ人が「テンションが上がった」という意味で使っています。イギリス人はあまり使わないと思うけど。
齋藤:へえ!
ハリー:バスケをしててスリーポイントをきめたりすると「Yessssssir!」って。「Yes, sir」の「s」をつなげて長く表記することが多いかな。よくセレブのInstagramに対するコメントで見られます。
齋藤:すごい。知らなかった。

「学校の留学生が『見て、ヒゲが生えてきた』と自慢してきたのですが、まだ産毛でした。でも伝え方がわかりません。『産毛』って英語でなんていうんですか?」

ハリー:これは“メンズあるある”かもしれないですね。僕は男子校の寮生活だったから、11歳で寮に入っていて、みんな一刻も早く「大人の男性」になりたかったわけよ。だからヒゲがちょっとだけでも生えてくると「よっしゃあ、これで俺も一流だぜ!」みたいに思って、お互いに自慢し合ったりするんです。産毛は遠くから見てもわかんないけど、それを何回も剃って太い毛になっていくのが、10代前半の男性にとってロマンのひとつなんだよね。
齋藤:かわいいなあ。
ハリー:最初にヒゲが生えてる人は、男性の間でも「あいつ、かっこいいよな」って人気になったりしました。
齋藤:へえ。
ハリー:「産毛」にはいろいろな言葉があります。ひとつは「Peach fuzz」(桃の綿毛)。桃の表面って産毛が生えてるでしょ。それと同じ。ほかにも、あまり上品ではない、親しい者同士のカジュアルな会話で使える「bum-fluff」(お尻の表面の産毛)も「産毛」という意味で使えます。だから、メッセージをくれたリスナーみたいにヒゲが生えてきたって自慢されたら「That’s not a beard. That’s bum-fluff/peach fuzz.」(それはヒゲじゃないよ。産毛だよ)と伝えることができます。

「文化祭やお祭りを『一緒に回らない?』と誘うとき、英語でなんといえばいいですか?」

ハリー:僕は文化祭を回るという経験がほぼないから。
齋藤:私もないなあ。
ハリー:プロムみたいな経験はあったんですけどね。僕は嬉しいことに、ひとつ上の先輩から誘われたんですよ。そのときに言われたのが「You wanna go with me?」(私と一緒に行きたい?/一緒に回らない?)でした。すごくシンプル。こういうときって、長いフレーズを言ったり、かっこつけようとしたりすると、だいたい滑稽になってしまうんですよ。日本語だってそうじゃん。
齋藤:たしかに。これを言えば「ふたりで回ろう」っていう意味になるんですか?
ハリー:「go with me」って言ってるから。そのあとに「Just the two of us」(私たちだけで)とつけてもいいですけど、僕だったらそれなりの自信がない限り言いませんね。
齋藤:言えないですね、これは。
ハリー:「You wanna go with me?」がいいと思います。

ハリー杉山が先生になって、乃木坂46・齋藤飛鳥にイチから英語をレッスンする『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「HARRY'S ENGLISH CLASS」は毎週土曜日の7時5分ごろからオンエア。次回もお楽しみに!

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年10月10日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
POP OF THE WORLD
毎週土曜
6:00-8:00
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン