音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
渡辺 徹が明かす、『太陽にほえろ!』ロッキー山脈での過酷な撮影

渡辺 徹が明かす、『太陽にほえろ!』ロッキー山脈での過酷な撮影

J-WAVEで放送中の番組『ANA WORLD AIR CURRENT』(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。9月12日(土)のオンエアでは、俳優・渡辺 徹がゲストに登場。カナダでの過酷なロケやボリビアで食べた謎のグルメについて語った。

『太陽にほえろ!』の過酷な海外ロケ

渡辺は人気テレビドラマ『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)のラガー刑事(竹本淳二)役で俳優のキャリアをスタート。同ドラマの撮影で訪れたカナダの地が、渡辺にとって初めての海外だった。カナダではロッキー山脈で過酷なドラマ撮影に挑んだという。

葉加瀬:『太陽にほえろ!』に出演したのは何歳ぐらいですか?
渡辺:19歳の終わり頃です。俳優デビューして1年経つぐらいのタイミングで、初の海外ロケがありました。ドラマは刑事モノですから、海外に行く理由は本来ないんですけども、『太陽にほえろ!』は長年やっていた人気ドラマですので、慰労も兼ねて数年に一度ぐらいのペースで海外ロケが入るんですよ。
葉加瀬:みんなで慰安旅行をして、撮影していたんですね。カナダに行かれたそうですね。
渡辺:山の雄大さや広がる景色にまず驚きましたね。

同ドラマでは、登場人物の殉職シーンが見どころのひとつだった。そして、殉職する役を演じている人が「どこで殉職したいか」と希望を出せたという。ラガー刑事の先輩にあたるロッキー刑事(岩城 創/演・木之元亮)が殉職するということで、木之元は「ロッキー山脈で死にたい」とリクエスト。監督がOKを出したため、『太陽にほえろ!』一行はロッキー山脈へ向かうことになった。

葉加瀬:すごいですね(笑)。
渡辺:ロッキー山脈の山頂で銃撃戦をしてロッキー刑事が殉職するというシーンなんですけども、『太陽にほえろ!』の新人刑事って走るのが定番だったので、たまったもんじゃなかったですよ。雄大な山々や綺麗な湖というのは「情景」なので、その部分だけを撮影してドラマにはめ込むんですね。だけど、『太陽にほえろ!』では情景を見せるためにカメラの手前を俺が走らないといけなかったんですよ。山を見せるためには、かなりの距離を走らないといけない。
葉加瀬:今だったら全部CGで合成できちゃうよね(笑)。
渡辺:あと、監督も初めてのロッキー山脈でのロケでしたから、山の特性がよくわかってなかったんでしょうね。「徹、下から上まで走ってあがって来い」って指示があるんですが、高山だから空気が薄い(笑)!

「クライマックスの殉職シーンを雄大な景色で撮るためにはいい天気で撮りたい」ということで、中腹より上にある山小屋に泊まった『太陽にほえろ!』一行。そして、早朝にスタッフ全員で山頂に向かったが……。

渡辺:1日目から3日目までずっと大雨で、その都度登るのですが撮影ができなかったんですね。4日目になってようやく晴れたのですが、登っている途中でメイクの女性スタッフが「私、登れません」と言って泣いちゃいましたからね。
葉加瀬:そうだよねえ。
渡辺:しかたがないから、メイクさんの分の荷物を持って、山頂に登った頃には撮影に挑む体力はありませんでしたね(笑)。
葉加瀬:大変な慰安旅行だね(笑)。
渡辺:今だから文句を言えますけど、先輩刑事は観光の時間がありましたが、新人刑事はずっと走っていました。他の国も撮影で行ったことはありますが、思い返しても走った思い出ばかり蘇ってきます。

渡辺がボリビアで食べたものは…

続いて渡辺は、仕事で訪れた南米・ボリビアで食べた“思いがけない味”を語った。

渡辺:今から20年ぐらい前のお話です。某テレビ局のドキュメンタリー番組のレポーターとして、ボリビアのサンフアンという街を訪れたんですね。サンフアンは、日本人が移住をして開拓を進めた街です。
葉加瀬:日本人の集落があったんですか?
渡辺:そうですね。いわゆる1世や2世の方は日本語をしゃべれますが、若い方はまったく話せない人ばかりでした。だけど日本でよく見た床屋さんや食堂といったものがあったので、完全に日本人村という感じでしたね。
葉加瀬:食べるものはどうですか? 日本的な料理はあったのでしょうか。
渡辺:食堂で食事をいただいたのですが、メニューは日本のものと一緒でしたね。ラーメンとかチャーハンとかカツ丼とか。私はカツ丼が好きなので、注文しました。
葉加瀬:いいですね。
渡辺:出てきたのはノーマルな卵とじで出汁味のカツ丼で、お肉はちょっと厚めでした。めちゃくちゃうまかったです。ただ、食べた肉が豚肉とはちょっと違う食感だったんですよ。気になったので「おじさん、この肉ってなんですか?」って訊いたんです。返ってきた言葉は「カピバラ」でした。
葉加瀬:カピバラ!? 大きいネズミだ!
渡辺:おじさんは最初「ネズミ」って言ってました。最後の一口は残してしまいましたね(笑)。
葉加瀬:でも、おいしかったんだよね?
渡辺:おいしかったですねえ。肉の臭みもありませんでした。あと、ボリビアの地元の料理では、日本のメンチカツのようなサルテーニャが好きでした。これもおいしかったですね。

渡辺のプロデュースするお笑いライブ「徹☆座5」が、9月22日(火)にオンラインで開催される。詳細はこちら


『ANA WORLD AIR CURRENT』では、スタジオを飛行機の機内に見立て、葉加瀬とゲストが「旅」をテーマに語り合う。放送は毎週土曜日19時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年9月19日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
ANA WORLD AIR CURRENT
毎週土曜
19:00-20:00
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン