音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
川谷絵音、井上陽水は「僕のなかで目標にする人」

川谷絵音

川谷絵音、井上陽水は「僕のなかで目標にする人」

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ、増井なぎさ)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。4月16日(木)の放送では、雑誌『Pen』の5月1・15日合併号「完全保存版・井上陽水が聴きたくて。」とコラボ。ゲスの極み乙女。やindigo la Endなどさまざまなバンドで活躍する川谷絵音が、井上陽水の魅力を語った。


■音楽を始めてからすごさに改めて気づいた

川谷の母は福岡県出身。同じく福岡県出身の井上陽水を「九州の大スター」だと話す。川谷の父は、川谷が小さい頃から井上陽水の曲を流し続けていたそうで、子どもながらに耳に残っていたという。

川谷:高校生になってしばらく聴かなかったんですが、大人になって聴いたら全部覚えているぐらい刷り込まれていました。音楽を始めてから陽水さんのすごさに改めて気づきました。陽水さんは『少年時代』や『傘がない』のイメージだと思いますが、けっこうテクノやニューミュージック、ニューウェーブにすごく影響されているんです。アレンジャーも変わるたびにものすごくコアなアルバムがいっぱいあって、新しいことを常にやっていて、ああいう人が「売れた」ということが信じられないぐらいです。そんななかで、日本初ミリオンを突破したアルバム『氷の世界』があったりして、ポップスと自分のやりたいことを赴くままにやりながら成功したという、僕のなかで目標にする人です。


■井上陽水をイメージした楽曲を制作

陽水と話したことがある川谷は「すごくシャイな人」と明かす。しかしライブは「『なんでこれが歌詞になったんだろう』みたいな言葉が歌にのると、ものすごく耳に残るし、ライブでアレンジされている曲とか、めちゃくちゃかっこいい。ライブを初めて観たときは本当に衝撃でした」と振り返る。陽水から多大な影響を受けた川谷は、井上陽水をイメージした楽曲も作ったそうで……。

川谷:最初の仮タイトルが『陽水さん』になっていた、ゲスの極み乙女。『好きなら問わない』というアルバムがあります。そのなかの『ゲンゲ』という曲が、モロに陽水さんの影響を受けていて、Aメロとかは陽水さんが歌っているのをイメージして書いた曲なんです。それをスガ シカオさんに聴かせたら「陽水さんじゃん!」みたいに言われたことがあります(笑)。気になった方は聴いてほしいなと思います。

いつの時代も色褪せない井上陽水の楽曲について、川谷が熱い思いを口にした。

川谷:日本の音楽シーンにおいて、陽水さんの影響ってたぶん、いろいろなところにあると思う。『井上陽水トリビュート』でいろいろな若い人たちがアレンジしていましたけど、陽水さんの曲って、いつになっても古くないというか、1972年の陽水さん名義のデビューアルバム『断絶』や、『娘がねじれる時』という曲は、いま聴いてもものすごく新しい音楽だと思えるのが本当にすごい。もしかしたら海外にも陽水さんの影響があるんじゃないかなと思うぐらいです。


『STEP ONE』のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」では、気になるニュースの裏側から光を当てる。放送は月曜~木曜の10時10分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年4月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。