音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
スガ シカオとORIGINAL LOVE・田島が対談! 「とっておきのときしか聴きたくない」ほど最高なアルバムは

スガ シカオとORIGINAL LOVE・田島が対談! 「とっておきのときしか聴きたくない」ほど最高なアルバムは

J-WAVEで放送中の『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(ナビゲーター:スガ シカオ)。その時代、その場所で、どんな音楽を聴きたいか―――時代を越えて、国境を越えて、ナビゲーターのスガシカオが旅好き・音楽好きのゲストと共に音楽談義を繰り広げる、空想型ドライブプログラムだ。

4月12日(日)のオンエアは、ORIGINAL LOVE・田島貴男が登場。「60年代のメンフィス」をテーマに、音楽トークを展開した。メンフィスはアメリカ合衆国南部のテネシー州にある、人口およそ65万人の中都市。テネシー州では、ナッシュビルと並ぶ音楽が栄んな街として有名だ。


■アメリカで「力尽きた」思い出

スガと田島は1966年生まれであり、66年生まれのアーティストが集まるライブ「ROOTS 66」では共演する間柄だ。今回、田島がドライブミュージックとして選択したテーマは「60年代のメンフィス」だった。

スガ:この番組は、バーチャルドライブをして田島さんが望む場所に、メルセデスが連れていってくれます。どこに行きたいですか?
田島:僕は最近、レコードをたくさん買うようになって。はたと気づいたら、ソウルミュージックのレコードばかり買っているんですよ。やっぱり、ソウルと言ったらアメリカの都市であるメンフィスに行きたいなって。どうですか?
スガ:どの年代に行きたいですか?
田島:僕が買っているレコードは、1968年から1974年までなんだけど……。
スガ:全盛期は1965年ぐらいだっけ?
田島:もうちょっと前かな。スタックス・レコードっていうレーベルがあって、そのレーベルの全盛期は60年代ですね。僕が行きたいのはそのあたりのメンフィスですね。
スガ:アメリカは何回か旅しているんですが、ニューオリンズとかジャクソンに行ったんだけど、メンフィスまでは行かなかったの。すごく行きたかったなって気持ちはある。
田島:俺も同じ。ニューオリンズまで行ったけど、そこで尽きた。ガンボ(アメリカのスープ料理)食べて、尽きた。
スガ:(笑)。
田島:1人で行ったんだけど、泣いてロサンゼルスに行っちゃった(笑)。
スガ:そうなんだ。ガンボおいしいよね。アメリカっぽくない味なんだよね。
田島:あのときのガンボはおいしく感じたなあ。

メンフィスは、18歳のエルヴィス・プレスリーがはじめてレコーディングしたサン・スタジオがあり、オーティス・レディングやウィルソン・ピケットなどの著名なソウルシンガーが在籍したスタックス・レコードの本拠地としても知られている。

スガ:メンフィスはブラックミュージック愛好家にとっての、1つの聖地ですよね。
田島:やっぱり、憧れますね。一番行ってみたい場所はスタックス・レコードのスタジオです。今は博物館になっているんだよね。
スガ:見て。その博物館で売っているTシャツを着て来ちゃった。友だちがお土産で買ってきてくれたんですよ。僕の自慢です。


■田島のベスト3に入るソウルアルバムとは?

田島がチョイスした楽曲、メイヴィス・ステイプルズの『I Have Learned To Do Without You』が収録されたアルバム『Only For The Lonely』は、ソウルのアルバムで3本指に入るぐらい好きなのだという。

田島:めちゃくちゃいいアルバムです。ザ・ステイプル・シンガーズのメイヴィス・ステイプルズという女性ボーカリストがいて、彼女がソロアルバムを出したんですよ。セカンドアルバム『Only For The Lonely』で、ソウルシンガーとして完全に覚醒したんです。最高のアルバムです。
スガ:俺、聴いたことあると思うなあ。
田島:とっておきのときしか聴きたくないぐらい。
スガ:そんなに!? アルバム全体がいいの?
田島:全曲がいい。最高のソウルバラードアルバムです。スタックス・レコードの名盤です。


■レコードは“手間”を楽しむもの

田島が紹介するレコードのレパートリーの広さから、スガは「アナログレコードはどこで仕入れているんですか?」という質問を投げかけた。

田島:アルバムはレコード屋で見つけていますよ。行けばときどき掘り出し物を見つけます。レコード、聴いてほしいです。なんでかっていうと、70年代までの音楽っていうのは、アナログレコードで聴く前提の音質なんです。
スガ:そうですよね。
田島:なので、アナログレコードにとってのベストの音を作っているんですよ。当時のアナログレコードのマスタリングだったり、カッティングエンジニアの技術ってすごいですよ。
スガ:そうなんだ。
田島:あとね、“手間感”がいいの。
スガ:いちいち聴く感じね。
田島:いちいちレコードを触って、音の調子を見る感じ。「針、どうよ?」とか「ケーブルは刺さっている?」とかね。
スガ:(笑)。あと、ホコリを取ったりね。
田島:そうそう。そういった手間を含めた趣味なんですよ、レコードって。
スガ:なるほど。

J-WAVEで放送中の『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』(ナビゲーター:スガ シカオ) ゲストは田島貴男

『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』のオンエアは、毎週日曜21時から。19日(日)は、シンガーソングライター・chayが登場する。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年4月19日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『Mercedes-Benz THE EXPERIENCE』
放送日時:毎週日曜 21時-21時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/experience/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。