音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
オリジナル調味料で「味変」 アンジャッシュ・渡部も絶賛するカツレツ専門店

オリジナル調味料で「味変」 アンジャッシュ・渡部も絶賛するカツレツ専門店

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「HUNGRY OUT」。1月24日(金)のオンエアでは、濡らして食べる新感覚のカツレツ専門店を紹介した。


■平民=ドイツ産白豚ロース肉、貴族=国産ヒレ肉

スタジオに招いたのは、2019年1月に富ヶ谷にオープンした「貴族と平民」のオーナー・佐藤幸二さん。佐藤さんは以前、同じく富ヶ谷にある「おそうざいと煎餅もんじゃ さとう」のオーナーとして番組に出演した。佐藤さんはほかにも、ポルトガル料理の「クリスチアノ」やエッグタルトが有名な「ナタ・デ・クリスチアノ」など、数々の人気店を手掛けている。「貴族と平民」は7店舗目の出店となる。

渡部:実は僕もお店に行ったことがあるんです。そもそも、なぜカツレツのお店を?
佐藤:前にヨーロッパで働いていたときに、子どもが大好きな料理として薄焼きのカツレツがあって、それがすごく好きでした。日本にはあまり(カツレツのお店が)ないので、やりたいと考えていました。
渡部:店名の由来は?
佐藤:2種類の豚を使って差をつけようと思っていました。「金持ちと貧乏」とかにしようと思ったんですけど、性格が悪いように見られそうだったので、中世の名前を借りて付けました。

平民はドイツ産白豚ロース肉、貴族は国産ヒレ肉のことだという。

新感覚のカツレツ専門店

■オリジナル調味料で“味変”できるカツレツ

「貴族と平民」のカツレツは、揚げたあとに沸騰させたスープにくぐらせてから提供される。このスープがポイントで、濡らしてもカツレツが湿気ることなく、カリっとした状態で楽しむことができる。佐藤さんによると、ついてくるバターソースをたっぷりかけて、レモンを絞って食べるのがおすすめだそうだ。

気になるカツレツを渡部が実際に試食した。

渡部:ん~、サックサク。この薄さが食べやすくていいですよね。以前より、かなり味を改良したそうですね。
佐藤:バター液、パン粉、肉の部位、ソース、ご飯の炊き方、ぜんぶ変えました。
渡部:じゃあ、僕が行ったときの店とは違う店に?
佐藤:違う店ですね。
渡部:前回食べたときはイベリコ豚でしたよね。
佐藤:イベリコは格上げして王族という名前になっています。1日数枚だけやっています。

「貴族と平民」では好みで味変できるように、卓上にオリジナル調味料が7種類用意されている。オンエアでは、「ソルティヨーグルト」という塩とヨーグルトとニンニクで作ったソースと、黒酢と黒コショウで作ったソースの2種類をかけたカツレツを渡部が実食した。

渡部:ちょっとすっぱいソースですね。めちゃくちゃおいしいです。いろいろ組み合わせてオリジナルで楽しめますね。この薄さだとペロっといけちゃいます。

新感覚のカツレツ専門店
ソースでカツレツに絵を描くのも楽しみ方のひとつ。注文時に伝えれば、スープにくぐらせずに濡らさない状態で提供してもらうことも可能だ。子連れに嬉しいキッズスペースもあるので、「貴族と平民」のユニークなカツレツをぜひ食べてみてほしい。

新感覚のカツレツ専門店
新感覚のカツレツ専門店
『GOLD RUSH』のワンコーナー「HUNGRY OUT」では、今が旬の食材、旬のお店に注目をしてご紹介。放送は毎週金曜の17時15分頃から。お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】2020年1月31日28時59分まで
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。