音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ペンタトニックス、Official髭男dism『Pretender』をカバーした理由

ペンタトニックス、Official髭男dism『Pretender』をカバーした理由

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MON CAFÉ FAV STYLE」。1月11日(土)のオンエアでは、美しいハーモニーで世界のファンを魅了し続けるアカペラ5人組・PENTATONIX(ペンタトニックス)が登場。今月末から待望のジャパンツアーをスタートさせる彼らが、ファッションのこだわり、お気に入りの1曲を語った。


■Official髭男dismをカバーした理由

PENTATONIXが昨年11月にリリースしたアルバム『PTX 日本デビュー5周年記念 グレイテスト・ヒッツ』には、Official髭男dismの楽曲『Pretender』のカバー曲も収録されている。なぜこの曲をカバーしたのだろうか?

ミッチ:メンバーはみんな子どもの頃から日本のアニメを観てきたので、J-POPも大好きだったんだ。『Pretender』はアレンジが美しくて、歌詞の内容もロマンチック。少し切ない感じも素敵だと思ったからカバーしたんだ。

ライブに定評のあるPENTATONIXは、1月30日(木)からジャパンツアー「THE WORLD TOUR JAPAN 2020」がスタートする。どんなライブになるのだろうか。意気込みを訊いた。

スコット:新しいショーはすごく楽しいよ。これまで僕たちがリリースしてきたオリジナル曲もたくさん披露するし、新しいカバー曲も披露するんだ。だから『Pretender』やPerfumeメドレーも披露するよ。ファンのみんなに参加してもらうインタラクティブな演出もあるんだよ。みんなが楽しめるショーになること間違いないから、ぜひ遊びに来てほしいな。


■カースティン「80'sっぽいファッションが好き」

PENTATONIXの紅一点、カースティンに好きなファッションスタイルについて訊いた。

カースティン:私のクローゼットは結構いろいろでバラバラなんだけど、80'sっぽいものがわりと好き。肩パットが入っていたり、白黒の柄も好きなの。

そんなカースティンのインスタグラムを見てみると、華やかな衣装姿が多い一方で、普段はスポーティーなファッションも好むようだ。犬とたわむれる愛らしい一面も見ることができる。


ちなみに、カースティンが最近手に入れたアイテムは白黒でパッチワーク風のレザージャケットだそうだ。


最後にビートボックス(ドラムス)を担当するケヴィンが、お気に入りの1曲としてデュア・リパの『Don't Start Now』を紹介。「ナイル・ロジャースやシックのような雰囲気のあるとってもカッコいい曲」と語った。ぜひチェックしてみてほしい。

2年半ぶりとなるPENTATONIXのジャパンツアー「THE WORLD TOUR JAPAN 2020」の横浜・東京・大阪・札幌公演のチケットはすでにソールドアウト。残るは名古屋公演のみ。詳しくは公式サイトにて。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月18日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:毎週土曜 12時-15時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン