音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
成田 凌が朝の目覚めに聴いている、レディオヘッドの曲は?

(C)『カツベン!』製作委員会

成田 凌が朝の目覚めに聴いている、レディオヘッドの曲は?

J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「YANASE MEMORY TUNES」。12月14日(土)のオンエアでは、俳優・成田 凌が思い出の曲について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月21日28時59分まで)


■「みんなが騒いでるトム・ヨークって誰?」

成田が紹介したのはレディオヘッド『House of Cards』。目覚ましアラームに設定しているんだとか。成田とレディオヘッドとの出会いは、ずいぶん遅かったそう。

成田:僕が18歳のとき、トム・ヨークが日本に来たんですが、「みんなが騒いでいるけど誰なんだろう?」って(笑)。とりあえず会いにいってみたら、すごくかっこよかった。「なんの人?」と友達に聞いてレディオヘッドを知り、そこからずっと聴いています。『House of Cards』は、これといった特別な理由はないんですがすごく好きな曲で、毎朝僕を起こしてくれています。


■初主演映画『カツベン!』



成田は、12月13日から公開中の映画『カツベン!』で初主演を務めている。

【作品紹介】
今からおよそ100年前の日本。当時、輸入されはじめた映画=活動写真は、モノクロ(白黒)であり、サイレント(無声)だった。活動写真はたちまち巷で大評判となった。同時に、活動写真をより楽しめるように、楽士の奏でる音楽に合わせ、自らの語りや説明で彩ったのが活動弁士(通称“カツベン”)である。個性豊かなその語りは観客を魅了し、俳優よりも人気があった。活動弁士は活動写真を瞬く間に娯楽の王様に押し上げた。 本作は、<活動弁士>を夢見る一人の若き青年を主人公に、日本映画の未来を夢見た人々の群像を描いた物語である。

成田:笑って泣けるドタバタエンターテインメントで、家族で観ていただければ、ほっこりもするし、楽しいし、この時間では言い表せないような魅力がたっぷり詰まっています。ぜひ映画館で観てください。

『POP OF THE WORLD』のワンコーナー「YANASE MEMORY TUNES」では、思い出の音楽をエピソードとともに紹介する。放送は毎週土曜7時30分頃から放送。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月21日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:毎週土曜 6時-8時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/popworld

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン