音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
寝起きに頭がぼんやりする…スイッチを入れるためにすべきことは

画像素材:PIXTA

寝起きに頭がぼんやりする…スイッチを入れるためにすべきことは

J-WAVEで放送中の番組『MAKE MY DAY』(ナビゲーター:前田智子)のワンコーナー「YOUR WELLNESS」。ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動。毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップ。9月のテーマは「睡眠」。9月29日(日)のオンエアでは、よりよい目覚めについて、FiNCアンバサダーで美容家のちなみさんが解説した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月6日28時59分まで)


■この行動で目覚めスッキリ!

ちなみさんによると、目覚めをスッキリさせるためには、朝日を浴びるのがいいという。

ちなみ:人には「サーカディアンリズム」という24時間を刻む能力があります。時計は24時間ですが、人間は24時間ちょうどではありません。24時間より短い人もいれば、長い人もいます。どうやって地球の時間に合わせているかというと、朝日を浴びることでリセットしています。起きたらすぐに30分以上朝日を浴びることがポイントです。ストレッチをして血液の循環をよくして、交感神経を活性化させることもおすすめです。

ちなみさん自身も、日光が入る部屋でカーテンを開けたまま寝るようにしている。体のリズムが整うそうだ。

ちなみ:起きたらすぐにシャワーを浴びることもおすすめです。交感神経が活性化されます。私も、朝5時や6時に起きたらすぐにお湯をためて、パソコンをお風呂に持ち込んで1時間ほど仕事をしています。ここ1年くらい、このライフスタイルに変えてみたところ、すごく仕事がはかどるようになり、朝もスッキリ目覚めることができるようになりました。夜にパソコンをしたり、スマートフォンのライトを浴びると、眠りの質が浅くなります。夜は仕事の時間を減らして、朝にするようにしています。

■衣類や寝具の選び方

他にも、よりよい睡眠のポイントとして、睡眠時の格好や寝具が挙げられる。

ちなみ:私は綿100パーセント、コットン素材のもの、肌触りのいいものや、寝るとき専用の下着やナイトブラを着けるようにしています。できるだけ締め付けないものを選ぶとリラックスできて、睡眠の質がアップします。枕は、硬すぎたり高さがありすぎると、首が寝返りを打ちづらくなったり、首が凝りやすくなるので避けましょう。ベッドも実際に寝てみて、寝返りが打ちやすいか、腰が痛くないかをチェックして選ぶのが重要です。

ぜひ皆さんも実践してみては?

J-WAVE『MAKE MY DAY』のワンコーナー「YOUR WELLNESS」では、ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動して、毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップしていく。放送は毎週日曜の7時5分頃。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MAKE MY DAY』
放送日時:毎週日曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/makemyday/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。