音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
カボチャのスイーツ専門店! 皮ごと食べられる「焼きプリン」

カボチャのスイーツ専門店! 皮ごと食べられる「焼きプリン」

J-WAVEで放送中の番組『FRUIT MARKET』(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「MEIJI ERIKA'S SWEETS PARTY」。10月26日(土)のオンエアでは、「かぼちゃ!かぼちゃ!かぼちゃ!オールパンプキンズでハロウィン直前のSWEETS PARTY!」をテーマに、カボチャを使ったスイーツを紹介した。


■人気のメニュー3品は?

この日のオンエアでは、1年中カボチャのスイーツのみを販売している専門店、その名も「カボチャ」を紹介。三軒茶屋駅から歩いて7分ほどのところにある、カボチャ好きにはたまらないお店だ。夫婦でお店を営んでおり、14年前にオープンした。オーナー夫婦の奥さんに、人気のメニュー3品を訊いた。

「カボチャ」
まずは「焼きプリン」。焼いたカボチャの中をくり抜き、くり抜いた部分でプリンを作って、再度、カボチャに詰めている。皮ごと食べられる商品で、今の時期に是非食べてほしいとのこと。「焼きプリン」は、「栗かぼちゃ」と「くり将軍」というカボチャを使った2つの種類がある。

続いて「カボチャのチーズケーキ」。お店がオープンした当初から「これを売りにしていこう」と決めて作った商品のため、思い入れもあると言う。カボチャとチーズの相性が良く、下の部分がタルトになっており、ケーキとの歯応えの違いも楽しめる。砂糖も極力少なくし、素材そのものの味わいを楽しめるようにしている。チーズは、2種類のクリームチーズを使用している。

最後は「カボチャのティラミス」。意外とコーヒーとカボチャの相性がいいということを発見して作った商品で、マスカルポーネクリームとコーヒークリームの上にカボチャのソースがかかっており、クリームチーズとの相性がいい。

横山は、「栗カボチャの焼きプリン」を試食。クリームの層とプリンの層があり、「プリンはカボチャの食感が残りザラッとしていて美味しい」と感想を述べる。中身をくり抜く際に皮に残ったカボチャとプリンを混ぜて食べても楽しめるようだ。今回紹介したスイーツを、ぜひチェックしてみてほしい。


『FRUIT MARKET』のワンコーナー「ERIKA'S SWEETS PARTY」では、気になるスイーツを紹介している。放送は毎週土曜の16時頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『FRUIT MARKET』
放送日時:毎週土曜 15時-17時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン