音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
「朝が苦手」なのは甘えじゃなく、体質や遺伝かも…ベストな睡眠時間も紹介

画像素材:PIXTA

「朝が苦手」なのは甘えじゃなく、体質や遺伝かも…ベストな睡眠時間も紹介

J-WAVEで放送中の番組『MAKE MY DAY』(ナビゲーター:前田智子)のワンコーナー「YOUR WELLNESS」。ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動。毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップ。 9月のテーマは「睡眠」。今回は、理想の睡眠時間について、FiNCアンバサダーで美容家のちなみさんが解説した。9月8日(日)のオンエア。

【『MAKE MY DAY』の「YOUR WELLNESS」(7:05-7:20頃)】 (radikoは2019年9月15日28時59分まで)


■ベストは8時間睡眠

睡眠で重要なポイントは時間、質、深さなど様々だが、ちなみさんが重要視するのは時間だ。

ちなみ:本来、人間は15時間起きて9時間寝るようにできているそうです。ただ、今の時代に9時間寝るのは難しく、ベストは8時間くらいだと言われています。睡眠時間が短くなればなるほど、がんなど、いろいろな病気になるリスクが高くなるというデータや、記憶力も悪くなるという調査結果もあります。

多忙であっても、しっかりと睡眠を時間を確保することが大切だ。


■ゴールデンタイムは気にしなくていいの?

睡眠時間のゴールデンタイムは"22時から2時"と言われてきたが、灯りの多い現代では後ろ倒しになってきている。また、「ゴールデンタイムはあまり気にしなくていい」とする睡眠の研究者もいるが......ちなみさんは、深い睡眠のときに成長ホルモンが出るのは確かなことだとし、自身の意見を述べた。

ちなみ:夜にしっかりと寝て成長ホルモンが出ると、肌がツヤツヤになったり、脂肪を燃焼しやすくなったり、若返りに非常に重要なので、やはりきちんと寝ることは大事です。皮膚細胞の再生は、寝付いてから1時間後くらいに最も盛んに行われていると言われるので、綺麗な肌づくりには睡眠は欠かせません。


■朝型、夜型は遺伝によるもの?

夜ふかしができなかったり、はたまた朝が苦手だったり......生活リズムは人によってさまざま。朝型か夜型かは遺伝や体質で決まるという。朝型は40パーセント、夜型は30パーセント、中間層が30パーセントいると言われている。日本のライフスタイルのサイクルだと、朝が苦手だからといって、なまけているとは限らないのだ。夜に活動するほうが作業がはかどる人もいる。

ぜひこの機会に、自分の睡眠を見つめ直してみてはいかがだろうか。

J-WAVE『MAKE MY DAY』のワンコーナー「YOUR WELLNESS」では、ヘルスケアアプリ「FiNC」と連動して、毎月、月替わりのテーマでカラダをブラッシュアップしていく。放送は毎週日曜の7時5分頃。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(radikoは2019年9月15日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MAKE MY DAY』
放送日時:毎週日曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/makemyday/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン