音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
SNS世代の若手社員は「プチ褒め」で仕事のモチベーションが上がる!

SNS世代の若手社員は「プチ褒め」で仕事のモチベーションが上がる!

ずっとSNSを活用してきた若い世代の社員のモチベーションをアップさせるには、"プチ褒め"が効果的だという。働き方の未来を描き、調査・研究を行っている「ツナグ働き方研究所」の所長・平賀充記が、その理由を語った。

【8月14日(水)J-WAVE『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU SOUND CLINIC」】


■"プチ褒め"が効果的

平賀によると、「昔は鍛えるという意味でやや厳しく接して、ここぞというときに褒めるイメージだったけど、今は全く違う」。たくさん褒めると慣れてしまい効果がなくなると思いがちだが、SNSが当たり前となった今では、日常的に褒めるのが効果的だ。

平賀:今の若い人はFacebookやInstagramで「いいね」を押したり押されたりする関係です。「いいね」を押してもらえないと「変なことをしたのかな?」と不安をい感じる。「いいね」と言われるのが"普通"なんです。

オンラインの世界でそうしたことに慣れていると、リアルな職場で何も言われないと非常に不安になってしまう。

平賀:たとえば、「その挨拶よかったね」とか「メール返信が早いね、いいね」と伝えておくと、若手との距離がなんとなく縮まり、少しずつ本音を出してくれます。そうして信頼関係ができてくると、叱らないといけないときに叱りやすくなります。ここぞというときの「大褒め」ではなく、日ごろの「プチ褒め」を心がけてください。

190814_3.jpg

コーナー後半では、リスナーの悩みにサッシャが音楽を処方した。この日は「息子が夏休みになってから上の空のよう。『どうしたの?』と訊いても『何もないよ』と言うが、親としては不安。どう接したらいいのか」というリスナーのために、サッシャがLukas Graham『7 Years』をセレクトした。

Lukas Graham が、7歳、11歳、20歳の頃に親からもらったアドバイスについて考えたり、大人になってから60歳という未来について考えたり、父の死を思ったりする、人生を振り返った深い内容の歌詞だ。

また、サッシャは「息子の好きなところや楽しめるところに連れて行き、最初は楽しい話をして、徐々に悩みを引き出すといいのでは」とアドバイスした。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン