音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
そうめんを茹でるとき「梅干し」を入れるとコシが倍に! おいしい茹で方を研究家が伝授

そうめんを茹でるとき「梅干し」を入れるとコシが倍に! おいしい茹で方を研究家が伝授

夏の定番メニュー「そうめん」のおいしい茹で方と新しい食べ方を、そうめん研究家・ソーメン二郎が語った。


【8月14日(水)J-WAVE『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」】


■そうめん製麺所が10年後には半分に!?

そうめん文化は奈良発祥で、1200年ほどの歴史がある。中国が唐の頃に伝わり、原型はツイスト状のドーナツのようなものだったという。その後、手延べの製法や小麦の作り方、石臼の技術などが入り、三輪地区で三輪そうめんが作られるようになり、兵庫県・揖保郡、長崎県・島原、香川県・小豆島などに広まり現在に至る。最初に西日本に根付いていたそうめん文化だが、現在消費量が多いのは鹿児島県や沖縄県だという。

歴史の長いそうめん。「ずっと存在し続ける食材」という印象があるかもしれないが、ソーメン二郎によると、「昭和や平成のお中元文化全盛の頃に比べて、需要が右肩下がり」なのだとか。職人たちも70~80代と高齢で、跡取り問題を抱えており、「ひょっとすると全国のそうめん製麺所は10年後には半分になるかも」と警鐘を鳴らす。夏だけでなく通年で食べる食材というイメージを広め、消費量を増やすことが課題だ。実家が三輪そうめんの製麺所「亀屋 植田製麺所」であるソーメン二郎も、おいしい食べ方などの魅力を広めている。


■「おいしい茹で方」と「新しい食べ方」

そうめんは「梅干しを入れて茹でるとクエン酸効果でそうめんが引き締まり、コシが倍になる」のだそう。おいしい茹で方は......。

・たっぷりのお湯を沸かし、梅干しをひとつ入れる。
・そうめんを投入し、あまりかき回さずにそうめんが自然循環するのを待つ。
・2分くらいすると均等に熱が伝わる。
・そうめんは油と塩を使っているので、ぬめりを取るために2度洗い。
・氷水でギュッとしめる。
・最後にギュッとそうめん自体を絞り、ザルに入れてすぐ食べる。


■めんつゆ以外で一味違うそうめんに!

定番のめんつゆ以外にも、おいしい食べ方がある。例えば、島原の手延べそうめんを、ギリシャのオリーブオイルと鯛の出汁がついた鯛塩だけで食べる。室町時代のレシピを再現して、酢、カラシ、梅肉、にんにく、胡麻ドレッシング、くるみで食べるのもおすすめだ。ツナ缶や明太子、パクチーなどをちょい足ししたり、沖縄風にそうめんを炒めて食べるのもおいしい。いつものそうめんに飽きたら、変化をつけてみてはいかがだろうか。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』

ソーメン二郎は、新宿ゴールデン街で働く人の子どもたちにおいしいそうめんを振る舞う「子ども食堂」や、新宿ゴールデン街の花園一番街の老舗バー「奥亭」を昼間に間借りし、土日限定でそうめんBARを展開している。

また、ここ数年、東京ではそうめん専門店が増えつつあり、東中野にある「阿波や壱兆」、小豆島のそうめんを使う恵比寿「そうめん そそそ」、三輪そうめんを使用している乃木坂「〆る」などがある。専門店の味も、ぜひ試してみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン