音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
家庭で手軽に作れるスパイスカレー! 年間800食のカレーを食べる料理研究家がレシピを伝授

家庭で手軽に作れるスパイスカレー! 年間800食のカレーを食べる料理研究家がレシピを伝授

J-WAVEで放送中の番組『MAKE MY DAY』(ナビゲーター:前田智子)のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」。8月18日(日)のオンエアでは、フードディレクターの野村友里が、カレー・スパイス料理研究家の一条もんこさんを迎えて、家庭でできる絶品カレーのレシピや、オススメの店を訊いた。

一条さんは新潟県見附市出身。お米が有名な土地で育ち、社会人経験を経て料理家の道に進んだ。さまざまなカレー店を渡り歩き、最終的に南インド料理店で勤務。そこでスパイスを専門にしている人からインド料理の奥深さを教わったそうだ。現在、レシピの開発やカレーによる町おこしなどに取り組んでおり、「よこすかカレー大使」も務めている。


■家庭でできる絶品スパイスカレー

今回は家庭で手軽にできるスパイスカレーを紹介した。

・油(大さじ3杯)と鍋に入れ、持っていればクミンの粒(小さじ半分)を加えて、ゆっくりと加熱する。
・粗みじん切りにした玉ねぎ(中玉半分)を入れ、強火で炒める。
・玉ねぎの縁が焦げてきたら、ニンニクと生姜のすりおろし(あわせて大さじ1杯)を入れる。熱い煙がでてくるが、これでOK。
・カレーパウダー(大さじ2杯)とプレーンヨーグルト(大さじ2杯)を入れる。同時にトマトピューレ(100cc)を加える。材料が交じるとカレーのもとになる"マサラ"となる。
・しっかりと火を通したら、ぶつ切りにした鶏のもも肉を入れる。
・昆布だし、またはかつおだし(400cc)を入れて中火で10分ほど煮込んだら、隠し味に醤油と塩(ともに小さじ1杯)を入れて再び10分ほど煮込む。ちなみに、だしがなければブイヨンでもOK。

どこまで煮込むかはお好みで。家庭でいちばん手軽にできるスパイスカレーだという。「ぜひ作ってみて」とプッシュした。


■衝撃を受けたカツカレー

最後に、一条さんが気になっているカレーのお店は、神田・小川町のとんかつ店「ポンチ軒」の「カツと特製カレー」。「カツの衣がサクサク。カレーのソースはスパイスから作っていて、油の甘さとのバランスがいい。いつまでもソースをつけて食べたくなるんです。ここ最近でいちばん衝撃」とのこと。ぜひ足を運んでみてほしい。

J-WAVE『MAKE MY DAY』のワンコーナー「SARAYA ENJOY! NATURAL STYLE」では、野村友里がゲストを迎えてナチュラル対談をお届けする。時間は7時40分から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MAKE MY DAY』
放送日時:毎週日曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/makemyday/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン