音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
劇団EXILE・佐藤寛太がハマった、「ドラムロールのメロディ」が印象的な曲

劇団EXILE・佐藤寛太がハマった、「ドラムロールのメロディ」が印象的な曲

J-WAVEでオンエア中の『〜JK RADIO〜 TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「OLFA PLAY IT LOUD!」。6月28日(金)のオンエアは、劇団EXILEのメンバー・佐藤寛太さんが登場。おすすめの曲を紹介しました。


■ドラムロールのメロディに惹かれて

佐藤さんが紹介したのはAnderson .Paak『Heart Don't Stand a Chance』です。この曲は、2016年に発表されたアルバム『Malibu』に収録されています。佐藤さんはYouTubeで観て、Anderson .Paakのドラムロールのメロディに惹かれて聴くようになったと言います。

佐藤:ど頭の入りからドラムロールがすごくいい感じに入ってきて、彼の非常にいい声が、いいメロディで乗っていくので、僕はとても気に入っています。気分転換したいときや、移動中に音楽を聴くことが多いんですけど、この曲はけっこう気分転換に向いてるなあと思います。ドラムロールのメロディが自分の心に響くので、そういうときに聴いています。

この曲は「俺に惚れるしかない」という歌詞になっているとカビラ。

カビラ:佐藤さんが「ドラムロールのメロディが心に響く」と言っていましたが、素敵な表現ですよね。ドラムの音色にメロディという言葉はあまり使いませんが、Anderson .Paakのドラムは独特の技術です。彼がこの曲を演奏しているYouTubeは、検索するといくつか出てきますよ。オフィシャルで上がっているものでは、イギリス・BBCラジオのコンテンツがあります。素晴らしいので、ぜひチェックしてみてください。

■“嫌がらせ”でコミュニケーション

佐藤さんは公開中の映画『今日も嫌がらせ弁当』に出演しています。Amebaブログのデイリー総合ランキング1位を手にした「kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」が原作の映画です。

『今日も嫌がらせ弁当』

佐藤:思春期を迎えた娘に母親が、何かコミュニケーションの手段はないかと、嫌がらせのためにキャラ弁を作るという、とてもシンプルなお話です。言葉ではなく、弁当という愛情表現を通して、母と娘がひとつの方向に向かって成長していきます。僕は作品の舞台・八丈島で八丈太鼓を叩く高校生・山下達雄を演じていて、自分たちの伝統芸能を世界に広めるために、太鼓で成り上がっていこうとする、野心のある青年です。

八丈島に暮らすシングルマザー・持丸かおりを演じるのは篠原涼子さん、反抗期の娘・双葉を芳根京子さんが演じています。佐藤さんが演じる達雄の男らしい姿にも注目です。ぜひ劇場に足を運んでみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『〜JK RADIO〜TOKYO UNITED』
放送日時:毎週金曜 6時-11時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。