音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
海外の人に「台所」がかわいい字に見えるワケ 書道家・武田双雲が明かす

海外の人に「台所」がかわいい字に見えるワケ 書道家・武田双雲が明かす

J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「LEXUS TOKYO TREASURE」。4月7日(日)のオンエアでは、書道家・武田双雲さんがゲストに登場。アメリカでの個展などについて訊きました。


■「令和」に決まったことが“超嬉しい”

武田さんは、大学卒業後に大手通信会社に就職し、約3年後に書道家として独立。NHK大河ドラマ『天地人』の題字や世界遺産「平泉」のロゴなど、数々の作品を手がけています。また、文化庁から「2013年度文化庁文化交流使」に任命されて東南アジアで活動。現在はカリフォルニア州オーハイにて個展を開催しており、活動の幅を世界にまで広げています。

そんな日本を代表する書道家である武田さんに、今回は新元号となった「令和」を書き下ろした書をスタジオに持ってきてもらいました。武田さんは「書きたてほやほやで、まだ墨の香りがします」と紹介しました。

書道家・武田双雲が書いた「令和」

玄理:もっとゴツッとした字を想像していましたけど優しいですね。
武田:大河ドラマの題字だと迫力を出したいんですけど。
玄理:そのイメージがありました。
武田:今回は「六本木ヒルズ」「J-WAVE」「玄理さん」っていう番組のイメージ。だから、どちらかというと女性をイメージしました。
玄理:なるほど。書ってそんなに無限大の表現の可能性があるんですね。
武田:文字って英語でキャラクターっていうじゃないですか。つまり、“キャラクター”なんですよね。だからシャイなキャラもいれば、中身が大胆なキャラもいます。今回の書は、一見シャイなんだけど中身は気が強い女の子なんです。
玄理:私、そんなイメージですか?
武田:見た目よりも中身が強いイメージです。
玄理:「黙ってると大人しそう」ってよく言われます(笑)。ピッタリですね。

さて、新元号が「令和」に決まったことについて、武田さんはどう感じているのでしょうか。

武田:発表されたときはちょうど書道教室中で、奥様たちとこんなに盛り上がるのかっていうくらい、ワードカップくらい盛り上がって騒ぎました。みんな第一声で「かわいい」って言ったんですよね。
玄理:え、なんででしょう?
武田:たぶん、響きじゃないですか。みんなで「かわいい」「いいじゃんいいじゃん」ってなってハッピーな感じでした。そのあと、書道教室なので一斉に「令和」って書きました。妻の名前が「玲子」なので個人的には超嬉しいですね。あと「和」が大好き。「和」って「なごみ」「サークル」「ハーモニー」「やまと」とか、意味がすごくいっぱいありますよね。
玄理:CNNとかでは、「令和」のことを「ハーモニー」って紹介していたみたいです。
武田:今アメリカで個展をしているんですけど、4年前に同じところで個展をしたときのテーマが「ハーモニー」でした。だから僕にとっては素晴らしい言語でした。


■海外の人は「漢字」をどう見ている?

玄理は、「書は何で評するものなんですか?」と武田さんに問いかけました。

玄理:書道家がたくさんいるなか、武田さんのように有名な方は少ないですよね。
武田:それってたぶん、書だけじゃなくナビゲーターもミュージシャンもそうで、歌がうまいからって人気が出るとは限らない。すごい人はたくさんいるけれど、それが世の中で愛されるかどうかはまた違う話になってくる。ただ、書の世界には「書は人なり」っていう言葉が1000年以上も前から残っていて、それがひとつの答えなのかなと思います。

そう話す武田さんの書を見た海外の人たちからは、どのような反応が返ってくるのでしょうか。

武田:僕の書を見るときは絵を見るような感覚で見てくれていると思います。日本人よりある意味ピュア。「これはなんていう漢字ですか?」という目では見ていないので、花を見るような目で見てくれているように感じます。

また、武田さんはこんなエピソードを明かしました。

武田:パソコンのフォントみたいな字で「台所」って書かれているのを2回見ました。「それキッチンだよ」って言ったら「そうなの!?」って。三角と四角で構成されているから「クールだ」みたいな。形がいいみたいですね。僕らとは全く見てる景色が違うと思います。
玄理:アメリカを中心に漢字ブームが起こっていますか?
武田:タトゥーで流行ってるみたいですね。漢字だけじゃなく意味のないカタカナもクールらしいです。彼らにとっては意味とか関係なくて、抽象画みたいな感じなんでしょうね。僕らからすると想像できないんですけどね。書道家としては、フォント仕立てじゃなくかっこいい書で入れてほしいですよね。
玄理:海外での個展はいかがですか?
武田:日本人より表現がオーバーなのか、抱き着いてきたり涙をボロボロ流したり、「お前は一生の仲間だ」っておじいちゃんに言われたり。本当に伝わっていると感じるので、何回ももらい泣きして、1日1回は泣いてました。

武田さんは今後、アメリカに移住予定とのこと。海外でのさらなる活躍に期待です!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『ACROSS THE SKY』
放送日時:毎週日曜 9時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。