音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ストレイテナー・ホリエアツシの音楽の原点は? 影響を受けたRadioheadの名曲をカバー!

ストレイテナー・ホリエアツシの音楽の原点は? 影響を受けたRadioheadの名曲をカバー!

J-WAVEで放送中の番組『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「MARTIN GUITAR SOUND HOLE UNIVERSE」。4月は、ストレイテナーのホリエアツシさんがマンスリーナビゲーターとして登場。音楽の原点や人生について、アコースティックサウンドとともに振り返ります。4月19日(金)のオンエアでは、影響を受けた音楽について語りました。


■バンドをやるようになり、UKロックにハマる

「たくさんの音楽に影響を受け、今も影響を受け続けている」と話すホリエさん。とくに子どもの頃に出会った音楽は鮮明に覚えているといいます。

ホリエ:小学校にあがったころですかね。チェッカーズが僕の最初のアイドルだったんです。

そこから時を経て、次に音楽を意識した時期が小学校の高学年くらいのころでした。

ホリエ:ラジオのチャート番組を聴いていて、80年代後期でロックバンドブームが起こっていました。本当にいろいろな、カッコいいバンドからワケのわからないバンドまで、世に出倒した時期。その頃に色々なバンドを観て、僕はロックバンドに憧れをもつようになったと思います。

自分でもバンドをやるようになり、高校時代に一番影響を受けたのはアメリカのロックバンド・Green Dayでした。

ホリエ:Green Dayに影響を受けて、歪んだエレキギターを持って歌を歌うというのをやりたいなと思ったんですけど、そこからパンクに行くんじゃなくて、いろいろな音楽のルーツに刺激を受けて、洋楽のなかではUKロックにハマるんです。UKロックも90年代の半ばあたりから、すごいムーブメントが起きてブリットポップとか言われたんですけど、僕は暗めのものが好きで、なかでもRadioheadですね。グランジとかオルタナティブロックの、アメリカの流れも受けたイギリスのバンドだったんですけど、アコースティックギターをバンドのなかで使用していて、それがすごく魅力的だったんじゃないかと思います。のちにTravisとかColdplayとかも出てきて、そういうバンドも好きでした。

オンエアでは、ホリエさんがRadioheadの『High and Dry』のカバーをスタジオライブでお届けしました。

ストレイテナーは先日、ライブ映像作品『21st ANNIVERSARY ROCK BAND 2019.01.19 at Makuhari Event Hall』をリリースしました。今年1月に行われた、幕張イベントホールでのライブを完全収録したものです。こちらもぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。