音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
共謀罪が簡単に可決? 田原総一朗、政治体制に疑問

共謀罪が簡単に可決? 田原総一朗、政治体制に疑問

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」(金曜担当ナビゲーター:青木理)のワンコーナー「BREAKTHROUGH!」。5月19日(金)のオンエアでは、「共謀罪」をテーマに、ジャーナリストの田原総一朗さんをお迎えして話を伺いました。

ちょうどオンエア日である19日に、衆議院の法務委員会で採決が行われ、与党と日本維新の会など賛成多数で可決された、いわゆる共謀罪法案。一部のメディアでは「強行採決」とも報じられ、「いよいよ重大な局面を迎えつつある」と青木。一方で田原さんは、「こんな法律をつくる必要はまったくない」と一刀両断。

「自民党はパレルモ条約に入るために、この法案が必要だと言っている。そもそもパレルモ条約というのはマフィアを中心とした“経済犯”を取り締まるための法律であって、テロは関係ないはず」(田原さん)とのこと。さらに「パレルモ条約には資格はいらない。今でも入ることができるわけで、なんでわざわざこんなものをつくるのか」と考えを述べていました。

また、「なぜ『共謀罪』が言論や表現の自由を脅かしかねないのか」という青木の問いに、田原さんは「一番の問題は、テロリストを取り締まるための法律であるが、テロリストは『テロリスト』というバッジを付けているわけではなく、一般の国民の中に紛れ込んでいる、ということ。テロリストを取り締まるためには、一般の国民のプライバシーの中に踏み込んでいかないと見つかるわけない」と答えていました。

続けて、1925年に制定された「治安維持法」を例に出し、「(治安維持法では)『一般国民は関係ない。これは国体を破壊しようとする共産主義者を取り締まる法律だ』と言いながら、結局、政府を批判する人、特に戦争が始まってからは、戦争をいささかでも批判する人は全部逮捕された。(共謀罪法案が)こうなる可能性がある」(田原さん)と説明していました。

この法案ですが、今回、「衆議院の法務委員会」で可決。このあと衆議院の「本会議」、および「参議院の法務委員会」に送られるので、まだ正式に決定したわけではありませんが、青木は「こんな危険な…慎重に扱うべき法案がすっと通ってしまった」とそもそもの政治体制について疑問を呈します。

これには田原さんも同意見のようで、「僕は民進党が強くなる必要があると思っているが、ちょっと可能性がないから、自民党の中で反安倍派を強めたい。ちゃんと安倍さんに文句の言える勢力を」と願いを込めつつ主張していました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JAM THE WORLD」
放送日時:平日 20時-22時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。