音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
サチモスが教える ブラッド・メルドーの聴き方

サチモスが教える ブラッド・メルドーの聴き方

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜ナビゲーター:Suchmos)。12月8日(木)のオンエアは、ギターのTAIKINGとベースのHSUでお送りしました。

サチモスのルーツをたどる名盤紹介コーナー「Suchmos The Essence」では、HSUがBrad Mehldau Trioのアルバム「Blues and Ballads」を紹介しました。

ジャズピアノ界で、もっとも影響のあるプレイヤーと言われている一人、ブラッド・メルドーが旧知の仲であるベースのラリー・グレナディア、ドラムのジェフ・バラードと共に組んでいるバンドが、Brad Mehldau Trioです。この日紹介した「Blues and Ballads」は、3年半ぶりとなるスタジオアルバムで、その名の通り「ブルース」と「バラード」の名曲をカバーした1枚。

ブラッド・メルドーは、ビートルズを始め、オアシスやニルヴァーナなど、サチモスが影響を受けたアーティストを数多くカバーしています。そんなブラッド・メルドーに、二人はサチモスとの共通点を見つけたようで…。

TAIKING:マインドが俺たちに似てるって言ったらあれだけど、アウトプットのさせ方と、かっこいいものへのリスペクトが似てるのかな。
HSU:頭が柔らかいよね! かっこいいと思った曲はなんでも自分の中で解釈しちゃうし。
TAIKING:この人のピアノは本当にすごいよね。
HSU:ジャズの中でもさらに即興なんだよね。頭の中に流れたメロディについて行って弾いてるって感じがある。この人自身も何やってるか分からないまま、弾いてるみたいな。
TAIKING:なるほどね。
HSU:音楽に持って行かれてるみたいな。だから、ピアノの手と身体が離れながら弾いてるんだよね。達観しすぎてるのかな。

ちなみに、HSUによれば、「Blues and Ballads」はカバーアルバムなので聴きやすいことがポイントとのこと。まずは原曲を聴いてから、ブラッド・メルドーがどのような解釈でカバーしているのか「Blues and Ballads」を聴くのがオススメだそうです。

この他オンエアでは、HSUとTAIKINGの出会いの話(なんと小学生のとき!)から、中学・高校に上がり、バンドを組むまでの長い歴史を振り返りました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時-27時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。