音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
本当は教えたくない… 林家正蔵師匠が教える4時半から飲める名店

本当は教えたくない… 林家正蔵師匠が教える4時半から飲める名店

J-WAVE土曜の午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐/山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。10月18日のオンエアには落語家の林家正蔵師匠がゲストに登場。グルメガイド『四時から飲み』を出版した正蔵師匠、そのオススメのお店や、落語にまつわる心構えなどを聞きました。

正蔵師匠には、真打になる前、林家こぶ平時代に言われて心に残った言葉があると言います。

「ある師匠からいただいたお小言だったんです。それは、『芸人は良い履物を履け』と言われたの。『着ている物は少々汚くても、履物だけは綺麗なものを履きなさい』と」(正蔵師匠)

履物、つまり綺麗な靴を履けと言われた正蔵師匠。その理由とは。

「なるほどなぁと思ったのは、僕たち前座は師匠たちの下足を揃えるんですよね。その時、売れっ子や憧れている師匠方の靴は、いつもピカピカしてたなぁと。ちょっとした心配りなんですけど、勘所を押さえているなと思ったんですね。だから『お前、お供に着くときはそんな汚い靴はだめだ、良い靴を履きなさい』と言われた時に、何か心の足下まで見られたような気がした。だから今もそれだけは守っていますね」(正蔵師匠)

これを聞いた渡辺さん、次のように納得していました。

「これ、ファッションでも靴は大事だって言われるじゃないですか。そこを大事にしているかどうかで、心構えが違うんだっていうことが伝わるし、足元のオシャレが楽しめる人は、粋でオシャレですよね。だから、師匠も粋でお洒落でいなさいよ、という意味を込めて言ったんでしょうね」(渡辺さん)

なるほど、そこまで心遣いができるということが大切なんですね。そして続いては、正蔵師匠が本当は教えたくないという、名店をご紹介。

「おススメのお店を一軒だけ。北千住の『大はし』。これはね、名店で本当に教えたくないんだけど。ただ、4時半からなのでちょっと待ってくださいね」(正蔵師匠)

このお店、名店なだけではなく、知られざるエピソードがあるのだとか。

「ここは僕の塾の友達が跡を継いでやってるの。僕の友達はすごく頭が良くて、それこそ東大に行けるような進学校にいったの。でもお兄さんがいて、お兄さんもすごく出来が良くて、東大を出て、大学院に行って、アメリカに留学したいって言っていた。僕の友達もすごく頭がよくて、いずれは銀行員かお役人になって……って思ってたんだけど、ふたりのうちどちらかが大はしを継がなきゃいけなかった。そこで僕の友達が、『お兄ちゃん、アメリカに行って学者になってくれよ。僕がこの店を継ぐから』って、この店に情熱を全て傾けたの。カウンターの中にいる50代くらいのやつが僕の友達。すごくいいやつ。そういうやつが跡を継いでちゃんとやってるなぁって思うと、俺も負けられないなあと思いながら、いつもベロベロになって帰ってきます(笑)」(正蔵師匠)

そんなエピソードを知ると、ますます行ってみたくなりますね。北千住の大はし、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「RADIO DONUTS」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。