音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
きゃりーぱみゅぱみゅは「KAWAII」を意識していたか? SKY-HIが訊く

きゃりーぱみゅぱみゅは「KAWAII」を意識していたか? SKY-HIが訊く

きゃりーぱみゅぱみゅが、1月に発足したレーベルや、新アルバムの聴きどころについて語った。

きゃりーが登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:SKY-HI)のワンコーナー「IMASIA」。オンエアは10月3日(日)。

「KAWAII」のイメージがあるけど…本人の意識は?

今回の「IMASIA」では、日本が世界に誇るアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅがリモート出演。きゃりーは10月27日(水)に、最新アルバム『キャンディーレーサー』をリリースする。

SKY-HI:きゃりーちゃんと言えば、2011年に中田ヤスタカさん初プロデュースシングル『PON PON PON』をきっかけに海外から多くの人気を集めました。今はコロナ禍だけど、きゃりーちゃんってずっと海外で活動していましたよね。
きゃりー:海外にはツアーで年に1回ぐらいのペースで行っていましたね。
SKY-HI:きゃりーちゃんは原宿とかの「KAWAII(かわいい)カルチャー」は意識してた?
きゃりー:世界に対しての「KAWAII」を意識してたわけではないんだけど、過去の自分が着ていた私服はけっこうパンチが強くって。思い返すと、「KAWAII」っていうジャンルに入っていたのかもしれないなって感じました。
SKY-HI:どっちかって言うと、きゃりーちゃんの場合は(KAWAIIを)作った側ですからね。KAWAIIが世界で通じる日本語になりましたし、きゃりーちゃんはKAWAIIの代名詞的存在だと思う。俺の好きなフィリピンのアーティストでNo Romeっていう人がいるんだけど、前にこの番組に出てくれて。その人が「日本のアーティスト、僕も好きだよ。きゃりーぱみゅぱみゅ」って言ってた。
きゃりー:嘘!? なんで知ってんだ(笑)。
SKY-HI:楽曲もね、きゃりーちゃんという存在が中田ヤスタカさんを通して出てくるっていうイメージがずっとありますね。
きゃりー:曲作りのときって、「最近どう?」って近況を聞いてくれて。それに対して話したことが歌詞になっていることがありますね。
SKY-HI:『つけまつける』ができたときもそういう感じだったって言ってましたね。
きゃりー:そうそう。
SKY-HI:(きゃりーの)存在自体が相手にインスピレーションを与えるタイプの方だと思います。アーティストに好かれる理由がすごくよくわかります。
きゃりー:ありがとうございます。

【関連記事】きゃりーぱみゅぱみゅ、SKY-HIと2人カラオケ! 気に入った曲は…

「何でも屋さん」にならないよう活動した10年。今後は?

きゃりーは2021年1月にレーベル「KRK LAB」を発足した。2021年8月にはメジャーデビュー10周年を迎えたが、彼女が描く新たな未来とはどのようなものなのだろう?

きゃりー:今までは音楽活動を中心に10年間やってきて。というのも、それは“何でも屋さん”にならないように、活動を音楽に絞っていたからなんですね。10年経ったときにふと考えてみたら、やってみたいことってまだまだたくさんあるし、挑戦してみたい気持ちもあるんですよ。そこで、新レーベルを立ち上げました。

「KRK LAB」のKRKは、「KPP Reversible “K”」の頭文字。きゃりーぱみゅぱみゅ(KPP)としての自分と、ありのままの自分(K)がやりたいことを実験できる場(LAB)という意味を込め、きゃりー自身がレーベル名を考案した。

SKY-HI:そんな「KRK LAB」から、初のアルバムである『キャンディーレーサー』がリリースされるわけですね。僕のアルバム『八面六臂(はちめんろっぴ)』と同じ発売日ですね。
きゃりー:あら、そうなんですか! ライバルじゃん。ボコボコに殴ろう(笑)。
SKY-HI:フィジカルで勝負すんの!?
きゃりー:(笑)。
SKY-HI:『キャンディーレーサー』はどんな内容のアルバムですか?
きゃりー:今回のアルバムを通しで聴いた感想は、「新しい私、デビュー!」って感じなんですよ。今までにないバキバキのサウンドだったり、間奏がメインの曲があったり……ああいうのってなんて言えばいいんだろう?
SKY-HI:ドロップ(インストが盛り上がる箇所)がサビみたいなことだね。
きゃりー:そう。『キャンディーレーサー』がまさにそういう曲。あとは、私のボイパから始まる曲もあるんですよ。年号が令和に変わって、時代も進化していって、「新しくなっているな」って感じることがたくさんあるんですね。私自身もこのアルバムを通して進化していって、令和っぽいというか、今っぽいなと感じるものになりました。

全国ツアーが2022年1月からスタート

きゃりーは2022年1月から10周年記念ライブ「10th ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2022」を全国28ヵ所で開催する。

きゃりー:ツアーは1月から7月までの半年ぐらいやるんですよ。
SKY-HI:すごいね。28ヵ所を半年。けっこう長い期間まわるんだね。
きゃりー:チケットの先行発売も開始しておりますので、ぜひオフィシャルホームページをご確認ください。
SKY-HI:楽しみにしています。そして、デビュー10周年おめでとうございます!
きゃりー:ありがとうございました!

きゃりーぱみゅぱみゅの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

『ACROSS THE SKY』のワンコーナー「IMASIA」では、アジアのヒップホップやさまざまな音楽カルチャーを紹介する。オンエアは10時40分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年10月10日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
ACROSS THE SKY
毎週日曜
9:00-12:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。