音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
高畑充希がベテラン噺家に「黙れ、じじい!」 エンジンがかかった撮影エピソード

高畑充希がベテラン噺家に「黙れ、じじい!」 エンジンがかかった撮影エピソード

高畑充希、柳家喬太郎、大久保佳代子、タナダユキ監督が11日、都内で映画『浜の朝日の噓つきどもと』の公開記念舞台挨拶を行った。

hama-2109111.jpg

高畑と喬太郎の丁々発止のやり取りが笑いを誘う本作。高畑は「撮影初日から“黙れ、じじい!”というセリフがあって……。ちゃんと事前に“ごめんなさい!”と謝って気にせずにやっていたら、罵倒される師匠の顔が可愛く見えてきて。どんどんエンジンがかかった」とS心に火が付いた!?

hama-2109118.jpg

それに喬太郎はショックを受けるのかと思いきや「私生活でもしょっちゅう言われていることですから。でも高畑さんのようなかわいい方に言われることはないので、快感でした。この時間がずっと続けばいいと思った」とこちらはM心に火が付いていた。

hama-2109117.jpg

【関連記事】高畑充希、学生時代は「恥ずかしいくらい寝ていました」

また「今だから言っておきたいこと」を聞かれた高畑は「撮影中から喬太郎師匠のことを“キョンキョン”と呼びたくて。でもなかなか呼べなかったので、今日は“キョンキョン”と言おうと意志を持って来ました。そうしたら楽屋で師匠の方から“キョンキョンでいいですからね”と言っていただきました」と粋な気遣いに感謝。

そして喬太郎のニックネームである“キョンキョン”呼びを「今日、舞台裏で達成しました!」と嬉しそうに報告した。そんなエピソードに照れる喬太郎は、高畑から「呼べてよかった。ね、キョンキョン!」と呼びかけられると「もう死んでもいい! 小泉今日子さんに言われて以来の衝撃です!」と嬉しそうに赤面していた。

hama-2109119.jpg

老舗映画館「朝日座」再建に奮闘する役どころの高畑は、昨年の自粛期間明けの夏に行われた撮影を振り返り「タナダ監督の映画愛とロケ地・福島の空気感に癒されました。今も毎日世知辛い世の中ではありますが、全国の映画好きの皆さんの気持ちが軽くなって、温かい気持ちなってもらえたら嬉しい」と封切りに笑顔。

hama-21091110.jpg

老舗映画館「朝日座」の支配人を演じた喬太郎は「普段の高座とは違って、華やかな皆さんとこうしてご一緒できて嬉しい。でもこういう舞台挨拶は慣れていません。座らせていただけたらありがたいなあ」とボケ。浜野あさひ(高畑)の恩師役の大久保は、出演する情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』の石井亮次アナから鑑賞報告があったそうで「『今年No.1だ、いやNo.2だ』と言われた。調子のいい方だから嘘かもしれませんが……」と明かして笑わせた。

hama-2109116.jpg

hama-2109114.jpg



(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。