音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
磯村勇斗が「本当に腹が立つ」と感じたほど、嫌な芝居がリアルだった俳優は?

磯村勇斗が「本当に腹が立つ」と感じたほど、嫌な芝居がリアルだった俳優は?

WOWOWオリジナルドラマ『演じ屋』(7月30日毎週金曜日夜11:30※初回放送無料)の完成報告会見が7月27日にスペースFS汐留で行われ、主演の奈緒、磯村勇斗、そして野口照夫監督、さらにサプライズゲストで子役の加藤柚凪が出席した。

【関連記事】磯村勇斗、俳優になるまでの道のり。中学時代にもらった“拍手”がきっかけに

脚本と監督を務める野口照夫が2000年代初頭に製作した『演じ屋 reDESIGN』を約20年ぶりにリメイク。結婚式前日、痴漢の冤罪で仕事も婚約者も失ってしまうトモキ(磯村勇斗)。自分を痴漢の冤罪に追い込んだ犯人たちに復讐するため、客から依頼された役になりきる「演じ屋」であるアイカ(奈緒)を雇うのだった。



先行配信された第1話の反響について磯村は「一瞬で終わったと思うくらい、内容が詰まっているドラマ。見応えがある」と自信。客から依頼された役になりきる「演じ屋」のアイカ役を務める奈緒は「ファンの多い作品なので不安もあったけれど、いい反響をいただいているということでホッとしています」と好評に胸をなでおろしていた。

【関連記事】奈緒「厳しく育てていただきたい」 女優として羽ばたいた転機

enjiya2107272.jpg

enjiya2107277.jpg

各話に出演するゲスト俳優も見所で、磯村は田中俊介との共演を挙げて「かなり嫌な男性を演じているけれど、それが本当に腹が立つ。それくらいスゴイ作り込み。肩をぶつけるシーンでは、目が本気すぎてシュンとなった。役に対するアプローチが強すぎて負けました。本当に怖かった。でもOFFのときは優しいお兄さん。素敵な俳優さんです」と絶賛。奈緒も「撮影が終わったあとは優しかった。でもそれが逆に怖かった」と笑わせた。

enjiya2107274.jpg

また「ぱるる推し」という奈緒は、元AKB48の島崎遥香との共演に「AKB48当時一番好きで、帰り際に『ずっと好きでした』と伝えました。すごく喜んでくれて、神対応をしてくれました」と“神対応”に喜色満面だった。

enjiya2107273.jpg

そんな二人をメロメロにしたのは、「演じ屋」の仲間・松田セイル役を演じた加藤柚凪。奈緒が「本当に可愛かった。インスタも見ている!」と声を弾ませると、磯村も「子役ってどうしてあんなにお芝居が上手なの!? 礼儀正しいし、僕らよりも大人。あれは演じているのか? もはや“演じ屋”なのか!? アドリブの対応もすごい」とリスペクト。奈緒も「私も手のひらで転がされている感がありました」と大物子役との共演を振り返った。

enjiya2107271.jpg

そんな話題の子役、加藤がサプライズ登場! これに磯村は「飛沫防止のアクリルパネルがなかったらギュッとしたいくらい!」とメロメロで、加藤も久々の再会にピョンピョン飛び跳ねて喜びを表していた。そんな加藤を出題者に、奈緒と磯村がクイズ企画に挑戦。第1問「現場で嬉しかったことは?」には「折り紙」(奈緒)、「けん玉」(磯村)と解答するも、加藤は「差し入れおいしかったこと! 分厚いたい焼きがあった!」と無邪気過ぎる答えで、磯村は「答えが大人!」とビックリしていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。