音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
柴咲コウに「もし厳しい師匠がいたら」

柴咲コウに「もし厳しい師匠がいたら」

女優の柴咲コウが10日、都内で行われたディズニー映画『クルエラ』の公開記念舞台挨拶に塩田朋子と出席した。

『美女と野獣』のディズニーが、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したエマ・ストーンを主演に贈る実写映画最新作。名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するディズニー史上最も悪名高きヴィランであり、映画史上最もアイコニックな白黒ファッションでも有名なクルエラの誕生秘話を描く。



クルエラ役の日本語吹き替え版声優を務めた柴咲は「心の声に従うというのがキーワード。エステラは、悪名高いヴィランだって言われる人物になっていくんですけど、それは『自分が何をしたいかが明確にある』ということ。そんな彼女の強さをくみ取っていただけたら嬉しい」と期待。

shiba2106102.jpg

バロネス役の日本語吹き替え版声優を務めた塩田は「どのように感じるかは皆さんそれぞれですが、絶対面白い作品です。ぜひ本作を観た後に『101』を観てみてください。伏線がたくさんあって本当に面白いし、それを観たらまた劇場に来たくなる作品です」とアピールした。

実写映画吹き替え初挑戦の柴咲は「友人たちが『すごく合っていたよ』と感想を送ってくれました。私自身は柴咲コウが全面に出る吹替にはしたくないと思っているけれど、友人の中には『私の生き方や生き様とリンクするところがあった』というような感想もいただいて。それは嬉しかった」と反響に喜び。

shiba2106101.jpg

吹き替えを務める上では「声で全てを表現しなければいけないし、既に演じられている役者さんの全てにあわせなければいけない。声に違和感があったら台無しになってしまうので、そこはかなり注意して取り組みました」と熱演を報告した。

shiba-0611cr001.jpg


映画の内容にちなんで「もし厳しい師匠がいたら?」との問いには「私は師弟関係を結んだことはありませんが、もし師匠が厳しかったら…飛び出してどこかに行ってしまうかも」と逃走宣言。それでも「お芝居もそうですが、師匠は教師のようにときには反面教師のようになってくれるので、いろいろと盗めると思う。誰かのマネをしたり、誰かの作品に影響を受けるのは大切なこと。習える人が近くにいるのは羨ましい」と師弟関係に憧れを抱いていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン