音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
吉岡里帆と横澤夏子が対談! お笑い芸人と役者、それぞれ「すごい」と感じる部分は?

吉岡里帆と横澤夏子が対談! お笑い芸人と役者、それぞれ「すごい」と感じる部分は?

吉岡里帆と横澤夏子が5月16日(日)、J-WAVEで対談した。

二人がトークしたのは、J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。心地よい音楽とともに、よりよいライフスタイルを考える番組だ。

ここでは、お笑い芸人と役者というそれぞれの立場から、お互いに「すごい」と感じる点を語り合った部分を紹介する。

最初はコンビを組んでいた! M-1甲子園にも出たが…

横澤は身近にいるさまざまな女性を観察したものまね芸「ちょっとイラっとくる女」シリーズなどが話題となり、「R-1グランプリ」の決勝にも2年連続で出場。現在は、お笑い芸人のほかに女優としても活動の場を広げている。2020年2月に第1子を出産し、現在子育てにも奮闘中だ。

そんな横澤がお笑いの世界に興味を持ったのは、お笑いコンビ・タカアンドトシのライブで2人のファンになったことがきっかけだった。

横澤:当時、同級生でコンビを組むことに憧れがあったんですよね。だから同級生を連れて吉本興業に入ろうと思っていたんですけど、(相方に)「私は地元に残るわ」と断られてしまって。
吉岡:まあ! そこからピン芸人になられたんですね。
横澤:そうですね。
吉岡:同級生とのコンビは「にんまり」という名前だったそうですね。
横澤:なんで知っているんですか(笑)!? にんまりみんなが笑ってくれるといいなと思って付けたコンビ名でした。M-1甲子園にも出たことがあります。
吉岡:すごいじゃないですか!
横澤:新潟予選があって、そのときは5組しか出ていなかったんですね。しっかり最下位を取らせていただきました。「にんまり」というコンビ名がよくなかったのかもしれないですね。とはいえ、人をにんまりさせることは達成できたので「まあいいか」と(笑)。

吉岡がこっそり横澤のライブを観に行ったことを伝えると、「そうですよね! ありがとうございます!」と横澤。吉岡が「知っていてくださったんですか?」と驚くと、こんな裏話が明かされた。。

横澤:フルーツポンチの村上(健志)さんとかチョコレートプラネットの松尾(駿)さんとかが「吉岡里帆さんがいるらしいぞ」って話をしていました。楽屋でソワソワしていたんですよ。
吉岡:なんでバレたんだろう(笑)。めっちゃ面白かったです! ライブはやっぱり直接観に行かないとだめだなって、改めて思いました。

吉岡が思う、お笑い芸人のすごさ

吉岡は、自分は台本があってはじめて役者業ができるとして、「お笑いの方は0から1を作られるので、すごいなっていつも思っています」と思いを伝えた。

吉岡:共演者と台本があってはじめて舞台に立てる自分にとって、1人でネタを書いて1人で舞台に立つ横澤さんはすごすぎる存在なんですよ。
横澤:この番組ってこんなに褒めてくださるんですか(笑)? すごくうれしいです。私は人との掛け合いがすごく苦手なんですよ。自分の台詞だったら自分の間だけで喋れるじゃないですか。だけどドラマとか舞台だと「相手の台詞を受け取る」っていう作業がありますよね。
吉岡:たしかに。
横澤:「なんでこんな表情できるんだろう?」とか。私、相手のことを信用しきれないのかも(笑)。「相手がもし台詞を言わなかったら」とか「どんな感じでこの台詞を言うんだろう」とかを考えてしまう。そういう掛け合いができないんですよね。あと、自分が書いたものは覚えられるけど、人が書いたものは覚えられないっていうのもあります。「みなさんはどうやって台詞を覚えていらっしゃるんだろう?」っていつも思っています。自分の場合、「恋愛はちょっとお休みしようかな」みたいな言葉を言いたいからネタを書くんですけど、人が書いたものだとそのバックボーンがありませんよね。
吉岡:そうですね。台本って自分の欲求に基づいた文章ではないですもんね。
横澤:そこからどうやってキャラクターを作り上げていくんですか?
吉岡:うまい役者さんって、書いた人の欲求がちゃんと出せる人なんでしょうね。出せる人格まで持っていくと言いますか。他人になるってことなんでしょうかね。
横澤:ああ~!
吉岡:何か今、自分で言っているうちに芝居のヒントが降りてきそうです(笑)。言いたいっていう欲求があって、「この人は心からこの台詞を言いたいんだな」っていうのが(出せると)、説得力に繋がるんでしょうね。
横澤:吉岡さんも、そうなれるように自身を作り上げていくってことですよね。
吉岡:闘いですよね。「なんでこんな言葉を言うんだろう」ってところから、キャラクターへの理解を深めていく。それが自然に(この言葉を)「言いたい」って欲求が出るまで、登場人物を理解する作業があるから、気が遠くなるのかもしれないです。
横澤:すごく楽しい話です。
吉岡:私も今回のお話で発見がありました。自分が壁にぶつかっているときって、そこで悩んでいるんだなって学びがありました。すみません、勝手に悟りを開いて(笑)。
横澤:「いきなり悟りを開く女」って、次回のネタになりそうです(笑)。

カップルで冷蔵庫を見に行こう! その理由は?

番組では、横澤のライフスタイルにも注目。自宅の様子を間取り図でチェックしながらトークを展開し、横澤が現在欲しいと思っている家電を訊いた。

吉岡:お部屋で大事にしているところってありますか?
横澤:ソファーをフロアソファーにしたんですよ。背もたれだけというか、本当にフロアマットみたいなものです。そうすることで、子どもがどこからも落ちる心配がなくなりました。今は保育園のようなお家になっていますね。普段は床に座っている感じです。
吉岡:ライフスタイルで好きなことと大変なことを教えてください。
横澤:私、収納が好きというか、物を隠すのが好きなんですよ。収納場所で「シンデレラフィット」するところを見つけたりするのが好きで。
吉岡:細かいものを見せないようにするのがお好きなんですね。
横澤:あとは、突っ張り棒もすごく好きです。上京したぐらいから持っている突っ張り棒を「どこかに突っ張れるんじゃないか」と、家で使える場所を探しています(笑)。
吉岡:(笑)。突っ張り棒は収納だとどう活用するのですか?
横澤:突っ張り棒を立てて網目のものをくっつけます。そうしたら帽子やバッグをひっかけることができますよ。あとは見えないところに網棚を作ってそこに靴を置いたりとか。
吉岡:究極の便利グッズですね。暮らしのなかで欲しいものはありますか?
横澤:炊飯器です。私、炊飯器で肉じゃがとか角煮を作るのがすごく好きなんですよ。
吉岡:えっ、角煮も作れるんですか?
横澤:スイッチ1つで作れるし、めちゃくちゃおいしくできますよ。だけど、最近は炊飯以外に使い過ぎて、お米がおいしく炊けなくなりました。
吉岡:(笑)。匂いがついちゃったんですか?
横澤:そういうのはないんですけど、爆発するみたいに水蒸気が出るようになっちゃったんです(笑)。
吉岡:なるほど(笑)。それなら、新しい炊飯器を買ったほうがいいですね。
横澤:今使っている炊飯器は角煮用として取っておこうかなって思います。炊飯器を使った料理ってすごく楽なんですよ。

横澤はカップルで家電を買いに行くことがおすすめだと話す。その理由について、夫とまだ恋人同士だった頃に、一緒に家電量販店に出かけたときのエピソードを語り始めた。

横澤:旦那と結婚の話がまったく出ていなかった頃、一緒に冷蔵庫を見に行ったことがあったんですよ。そうしたら「この冷蔵庫なら子どもが2人いても大丈夫だな」みたいに、未来を想像するようになって。そのときに「冷蔵庫のサイズって未来の形なんだ」って思ったんですよ。
吉岡:わっ。なんだか名言っぽい(笑)!
横澤:冷蔵庫売り場に好きな人を連れて行けば、未来の話ができるんだって思いましたね。家電量販店ってそういう幸せが詰まっている場所だからすごく好きです。楽しそうな人たちばかりと言いますか。
吉岡:たしかにそうですね。

『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、心地よい音楽とともに、よりよいライフスタイルを考える。オンエアは毎週日曜18時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
番組情報
UR LIFESTYLE COLLEGE
毎週日曜
18:00-18:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン