音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
高畑充希「近くにいる人に愛情を注ぎたい時期だった」 その思いに寄り添ったタナダユキ監督作

高畑充希「近くにいる人に愛情を注ぎたい時期だった」 その思いに寄り添ったタナダユキ監督作

映画『浜の朝日の噓つきどもと』(9月10日全国公開)の完成報告イベントが5月18日都内で行われ、主演の高畑充希、大久保佳代子、そしてタナダユキ監督が登壇した。

hamano2105187.jpg

『百万円と苦虫女』『ロマンスドール』などで知られるタナダユキ監督が、福島県・南相馬に実在する映画館・朝日座を舞台にした映画愛溢れるオリジナルストーリー。100年近くの歴史を持つ朝日座を立て直そうと奮闘する茂木莉子と名乗る女性(高畑充希)と、高校時代の恩師・田中茉莉子(大久保佳代子)との思い出と約束を描く。



タナダ監督と初タッグの高畑は「タナダ監督の作品が好きで、ずっとお会いしたかったんです。実際にお会いしたら人としても好きだと思いました。脚本に書かれたセリフも自分の中で引っかかることがなく、キャラクターそれぞれが脚本から飛び出してくるような印象でした」と喜色満面。一方の大久保は「マネジャーから『映画の仕事がきた。結構いい役』と言われたので『またまた~』と思ったら本当にそうでした。人間的に魅力のある役だし、セリフも多い。そのプレッシャーはありました」と緊張の面持ちだった。

hamano2105183.jpg

そんな大久保の抜擢にタナダ監督は「企画段階で高畑さんとやりたいと思ったし、その相手役を誰にしようかと考えたときに、大久保さんならば新しい化学反応を起こしてくれるだろうと。その結果は……完璧でした」と太鼓判。実際に田中茉莉子役は大久保一択だったそうで「オファーして断られたらどうしようかと思いました」とタナダ監督が打ち明けると、大久保は「本当ですか? いとうあさこに行きませんでした!?」などと照れ隠しのジョークで笑わせた。

hamano2105181.jpg

自身の役どころについて高畑は「とある事情からずっと嘘をついているような子で、茂木莉子という偽名も好き。セリフのやり取りも楽しくて、まさに今を生きているような人」と紹介。撮影が行われたのが昨年発令された一度目の緊急事態宣言明けだったということもあり「明日どうなるかわからないような状況で、自分の中での考えが変わった時期。近くにいる人に愛情を注ぎたいと思っていた時期だったので、そのときの自分の肌にピタッとくっつくような脚本でした。自分の思いと役柄の思いがリンクしていました」と役と向き合った際の気持ちを打ち明けた。

hamano2105186.jpg

大久保は、慣れない女優業ということもあり「セリフすべてを覚えなくていいパターンもあるのかな?と思って、先輩(高畑)にコソッと聞きました」とニヤリ。その質問に対して高畑は「最悪カンペを近くに置いて読んじゃえば?」とカンニングの助言をしたそうで、大久保は「すごくいいアドバイスをいただきました!」と笑わせ、高畑からの気遣いの言葉にリラックスして撮影に臨んだようだった。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。