音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
推しのNetflix作品を、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)×小出祐介(Base Ball Bear)がプレゼン対決

推しのNetflix作品を、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)×小出祐介(Base Ball Bear)がプレゼン対決

J-WAVEはNetflixとタッグを組んだ9時間の特別番組『J-WAVE NEW YEAR SPECIAL Netflix presents PLANET HOME』(ナビゲーター:クリス・ペプラー、玄理)を、2021年の元日にオンエアした。

番組では、推しのNetflix作品をプレゼンする「#推しフリバトル」を開催。OKAMOTO'Sのハマ・オカモトとBase Ball Bearの小出祐介が持ち時間90秒を使って、それぞれの推しフリを紹介した。

ハマの推しフリ:SNSの危険さを訴えるドキュメンタリーとドラマを織り交ぜた作品

先手はハマ。紹介したNetflixコンテンツは『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』。

<あらすじ>
ドキュメンタリーとドラマを織り交ぜて、自身が開発したテクノロジーに警鐘を鳴らす専門家らとともに、SNSが人間にどれほど危険な影響を及ぼすのかを検証する。
Netflix公式サイトより)

The Social Dilemma | Official Trailer | Netflix

ハマ:リアルドキュメンタリーとドラマが半々の構成になっている、1時間30分ちょっとある作品です。いまやみなさんが手放すことができないスマートフォンならびにSNSなど、インターネットを使ったあれこれは、すべて実はもうコントロールされていますよ。みなさんそれにお気づきですか?という話なんです。とはいえ僕も含めて、じゃあいまからそれを危惧して、「スマホを捨ててネットも見ないで生活できますか?」って言われたらそんなことはないわけで。今後どう向き合っていかなきゃいけないのかを、「Google カレンダー」を作った人であるとか、その他のSNSを生み出した人たちによるドキュメンタリーで描きます。危惧しないといけないんじゃない?という。いろいろなことを思うと思いますし、だから「観たからこうしろ」っていうことを僕は言いたいわけじゃないんですが、これを観てあなたがどう感じるかという、そういう映画でございます。ちなみに僕はこの映画を観てTwitterをやめました、はい。僕はですよ? だからみなさんがどうかってわけじゃないんですけど、僕はTwitterをやめました、あなたはどうします? まあそれは、これを観たあなた次第です。

玄理:おお……(コメントが)都市伝説みたいな。
クリス:すごいですね。
玄理:ちょっとゾワッとしました。
クリス:なんかハマくん、新しい芸風だよね。
玄理:クリスさんはTwitterやってますよね。
クリス:やめます。
玄理:まだ観てないじゃないですか(笑)。
クリス:観たよ、これ。観たけどまあ「そんなもんだろうな」という風に俺は思ったけどな。
玄理:なるほど、大人な受け止め方をしたっていう感じなんですかね。

小出の推しフリ:疲れた人にオススメ! 王道青春ラブコメディ

後手の小出は、日本の恋愛青春ドラマ『グッドモーニング・コール』を紹介した。主演は福原遥と白石隼也。原作は、少女漫画誌『りぼん』で97年から2002年まで連載され。累計500万部を突破するほどの人気を博した高須賀由枝による同名作品だ。

<あらすじ>
両親の都合で1人暮らしをすることになった高校生の菜緒。だが、新居となるその部屋に同じ高校のイケメン男子も引っ越して来て…。秘密の同居生活、スタート。
Netflix公式サイトより)

グッドモーニング・コール 予告編 - Netflix

小出:シーズン2まであります。おうちにいる時間がすごく長くて、「けっこういろいろなものを観てきちゃったな」という方がいらっしゃると思うんです。内容の意味を考えたり、すごく深いメッセージとかを受け取ったりするのって、ちょっと疲れません? そんなみなさんに、マジで『グッドモーニング・コール』オススメです。主人公の女の子が、学校でメチャメチャモテるイケメンの子と、ひょんなことから同棲をすることになっちゃうんです。最初はいがみあっていて、「本当に嫌なやつ」みたいな感じの2人ですよ。その2人がいろいろあって、だんだんといい感じになっていくっていう……。

玄理:この「メッセージ性が強い作品って疲れません?」というあたりが、ハマ・オカモトさんへのバトル宣言というか。
クリス:俺はね、この2人は示し合わせていると思う。
玄理:裏で?
クリス:たぶんネタを合わせたと思いますよ、コイツら。
玄理:やらしいですなあ。
クリス:やらしいよ!
玄理:(笑)。
クリス:「これで盛り上げようぜ」っていう会話がなんかあった。
玄理:なるほどなるほど。
クリス:優しいですね、この2人は。

2人の映画通ミュージシャンによる対決は視聴者投票の結果、『監視資本主義: デジタル社会がもたらす光と影』を紹介したハマが勝利となった。タイプの異なる2作品を、気分に合わせて楽しんでみては。

同番組ではこのほか、「日本作品」「音楽モノ」「海外ドラマ」など部門別にNo.1作品を発表した。結果はこちら(https://www.j-wave.co.jp/holiday/20210101/award.html)。

【Netflixをもっと楽しめる! 関連記事】

ジェンダー問題やアルコール依存症に切り込む話題作。Netflixで「今、観るべき作品」は?
今年のアカデミー賞、Netflix作品はどこまで健闘するか? 実話を基にした「賛否両論の挑戦作」
最初の10分で、もうやめられない。Netflixの韓国ドラマ「男性の成り上がり」が楽しいのは?

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年1月8日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
J-WAVE NEW YEAR SPECIAL Netflix presents PLANET HOME
1月1日(金・祝)
9:00-17:55
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン