音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Base Ball Bear・小出、ついに「探し求めていた台所用スポンジ」に出会う

Base Ball Bear・小出、ついに「探し求めていた台所用スポンジ」に出会う

J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「CUSTOMLIFE MEET UP」。1月17日(金)はゲストにBase Ball Bearの小出祐介(Vo./Gt)が登場。小出がホラー映画を好きになったきかっけや、最近出会ったレアなギターを紹介した。


■劇場の雰囲気が忘れられない、あのホラー映画

小出はロック界随一の映画マニアであり、昨年は新作だけで120本ほどの映画を観たと話す。昔の映画を含めると「さすがに数えていない」そうだ。

渡部:その中でもホラー映画が得意なんですよね。
小出:非常に得意です(笑)。

子どもの頃から愛好していたため、「いつどこで好きになったか」タイミングは定かではないが、ひとつ思い出があるようだ。

小出:アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』で吉幾三さんが主題歌を歌っている第3シリーズがリアルタイムで、そのときに妖怪を好きになって、水木しげる先生の画集を見て「怖っ!」ってなって。
渡部:ははは(笑)。
小出:それから、1990年代の心霊写真ブームが来て、好きで追っていました。心霊写真を検証するテレビ番組が放送さている頃、1998年にホラー映画『リング』が公開されたんです。

当時、小出は中学生。劇場で鑑賞したあとの“異様な雰囲気”が、今でも忘れられないという。

小出:観終わった劇場の空気が「なんか、ヤバいの観たんですけど!?」みたいな感じになったんです。あれが体験として、こびりついていると思います。
渡部:「なんだこれは!」と。
小出:『リング』は続編となる映画『らせん』と同時上映されていたんですけど、『らせん』を観終わったときの「『リング』のあとに、これは何だったんですか?」っていう「?」の空気もすごかったですね(笑)。
渡部:劇場の一体感があったんですね(笑)。そこからホラー映画をいろいろと掘り始めたと。
小出:それが一番しっくりくるきっかけかもしれないですね。

怖いもの全般が好きなのかと思いきや、おばけ屋敷は苦手なのだという。なぜなら、びっくりするのが嫌だから。

渡部:でも、ホラー映画も基本の仕掛けはびっくりでしょ?
小出:そこをみんな勘違いしていて。ホラー映画を見て「怖い」と「びっくり」をイコールで捉えている方が多いですよね。
渡部:たしかに! 「シャワーカーテン開けるな、開けるな……」みたいな。
小出:開けて何かが起きて驚くのが怖いんじゃなくて、カーテンを開けるまでのドキドキの時間が「怖い」なんですよ。開けた結果「キャー!」というのは、驚いていいですよ、という記号でしかない。映画としては、その手間のドキドキをどうするかを考えて作るんです。
渡部:なるほど!
小出:ピークが来るまでの積立をどうするかを考えてるのがいいホラー映画だと思います。

小出の熱弁に「おもしろい!」と感心しきりの渡部だった。


■純然たる3ピースのバンドサウンドが作れた

Base Ball Bearは3年ぶりのニューアルバム『C3』を1月22日(水)にリリース。

小出:2006年のデビューアルバムが『C』で、2015年にアルバムを『C2』を出して、その3作目になるアルバムが『C3』です。今まではアルファベットの「C」に何かしらのコンセプトがあるアルバムだったんですけど、『C3』は「3」のほうに意味があります。
渡部:なるほど!
小出:Base Ball Bearは3ピースバンドになってすでに4年くらい経つんですけど、このアルバムでやっと純然たる3ピースのバンドサウンドのアルバムが作れたなと思っているので、そのあたりも聴いてもらえたらと思います。

アルバム『C3』制作にあたり、メインで使用したギターは「ステレキャスター」だ。

小出:このギターは、すごくいい出会いをしたなと思っています。
渡部:「ステレキャスター」は生産が少ないんですか?
小出:ビンテージとかではないけど、レアなギターなんです。楽器メーカー・フェンダーにはギターのグレードがあって、その上のほうにフェンダー・カスタム・ショップの「マスタービルダー」という、職人が作ったモデルがあります。そのモデルの何十周年記念として2、3年前にフェンダーが「かつてのマスタービルダーは、今どんなギターを作るんだろう」という企画をしたんです。
渡部:面白い企画ですね。
小出:僕の「ステレキャスター」は、その企画で何人かの職人のうちの1人が作った1本です。



「ステレキャスター」は見た目にも特徴があるという。

小出:フェンダーには「ストラトキャスター」と「テレキャスター」というオーソドックスなかたちのギターがあります。その2つを縦に融合したギターなんです。
渡部:へえ!
小出:ギターの真ん中から左半分が「ストラトキャスター」で右半分が「テレキャスター」です。ぱっと見は分からないけど、たとえばステージの下からあおりで撮影すると、ギターの下の部分が写るから「テレキャスター」に見えるんです。
渡部:でも、上から見ると違うようにみえると。
小出:引いてみると「ストラトキャスター」に見えるんです。
渡部:面白いな。それもファンに注目してもらいたいですね。


■探し求めていたものがみつかった! ダスキンの台所用スポンジ

「CUSTOMLIFE MEET UP」では、ゲストに買い物にまつわる話を訊いている。小出が最近、買ってよかったと思ったものは「ダスキンの台所用スポンジ」。渡部は予想外の回答に笑いをこぼしつつ、「実感ありました?」と問いかけた。

小出:(このスポンジを買って)しっくりくる台所用スポンジをずっと探していた自分に気づいたんですよ(笑)。
渡部:つまりずっとしっくりきてなかったと(笑)。
小出:そうなんですよ。汚れが落ちるかどうかという機能面もそうだし、水はけがよくて清潔に保てるかとか、長持ちするかとか。泡立ちのよさもそうだし、手に持った感じがしっくりくるかとか。スポンジを買い替えるたびに違う種類を選ぶくらい、長年探し求めていたんですよ。ダスキンのスポンジはちょっと前に使ってて「これかも」って。で、別のものと比べて戻ってみたら「探し求めていたのはこれだ! おまえだったのか!」っていう。
渡部:(笑)。何がとくにいいですか? かたさですか?
小出:泡立ちが早いです! 立ち上がりが早い。立ち上がりが早くて……(笑)。
渡部:いや大事ですよ(笑)。
小出:たとえばコップを洗うときと油汚れがついたフライパンを洗うとき、今までだったらそれぞれ別のスポンジを使いたかったんですよ。コップを洗うときはやわらかい材質のほうがいいから。でもこのスポンジは、適度なかたさがあるのに、コップもしっかり洗えるし、そのままの流れでフライパンにいっても、めっちゃ落ちる! かつ、水はけがいいから、使い終わったあとにキレイにリセットされて長持ちするんです。

小出のトークに圧倒された渡部が「ほー、最高! マジで買ってみます、俺も」と答えると、なんと「実物を持ってきました」とスタジオにスポンジが登場。

渡部:あはは(笑)! 見た目はオーソドックスな感じ。かたさいいですね!
小出:かたさと弾力と。やわらかいスポンジすぎると汚れを吸いすぎてすぐ傷んじゃいますから。これプレゼントしますんで家庭で使ってください。
渡部:やった、ありがとう(笑)。ポケットからスポンジ出した人はじめてですよ。
小出:俺もJ-WAVEに何をしにきたんだっていう(笑)。

Base Ball Bearは2月にアルバム『C3』の発売記念イベントを東京(新宿・渋谷)、大阪、名古屋で開催。3月には東名阪の対バンツアー「LIVE IN LIVE~I HUB YOU 2~」を、5月からは全国ツアー「Base Ball Bear TOUR『LIVE BY THE C3』」がスタートする。詳しくはオフィシャルサイトへ。

J-WAVE『GOLD RUSH』のワンコーナー「CUSTOMLIFE MEET UP」では、幅広いジャンルから“旬”な人物にフォーカス。活動やライフスタイル、買い物について、渡部が幅広くインタビューする。過去のゲストのトークは公式ページにも掲載されているので、ぜひチェックしてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年1月24日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分-20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。