音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
松任谷由実「それでも、人は繋がりたい」 新アルバム『深海の街』ジャケットに込めた思い

松任谷由実「それでも、人は繋がりたい」 新アルバム『深海の街』ジャケットに込めた思い

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。12月6日(日)のオンエアでは、シンガーソングライター・松任谷由実がゲストに登場。コロナ禍での過ごし方や最新アルバム『深海の街』の制作エピソードを語った。

アルバム『深海の街』収録の『知らないどうし』

外出自粛期間中は、古典文学に触れて勇気をもらった

コロナ禍によって、人々の生活様式が大きく変化した2020年。松任谷はこの1年、改めて気付けたことがあったという。

松任谷:5月あたりまでは気持ちがすごく落ちていましたね。だけど「ミュージシャンであることを絶対に忘れないぞ」という思いもあり、そこから本格的なレコーディングに入っていきました。
クリス:レコーディングはリモートでしたか?
松任谷:幸いなことに、自宅で録音できたんですよ。なにせ、1つの家にアーティストとプロデューサーが住んでいますからね(笑)。こんなに整った環境はないですよ。だけど、それと同じだけ厳しい面もあります。家事もやらないといけないですしね(笑)。創作的にはとても恵まれていた環境だったと思います。
クリス:そうだったんですね。そういえば、外出自粛期間中は日本の古典文学を読み漁ったとお聞きしました。
松任谷:読み漁ると言っていいのかわからないですが、まずは『方丈記』を読みましたね。そのあとは『枕草子』や『徒然草』にも目を通しました。『方丈記』は日本が歴史上もっとも悲惨だった時代の話ですよね。あの時代を生き残った人々のおかげで我々がいるんだってことが、書籍を通して実感できたので、不思議な勇気を与えられました。
クリス:もともと古典がお好きなんですか?
松任谷:そうですね。歌手として、古典や外来語といった、さまざまな言葉を知りたいという気持ちが強いです。シンガーソングライターという職業は、何が役に立つかわからないんですよ。なので、「今まで続けてきたことが間違っていなかったんだ」ということに気付くことができましたね。

「どこへも行けなくても、心のなかは掘り進めることができる」

松任谷はニューアルバム『深海の街』を12月1日(火)にリリースした。

クリス:通算39枚目のアルバムになるんですね。すごいことですよ。今回のアルバムは、もともとは違うコンセプトで制作する予定だったそうですね。
松任谷:40年前である1980年12月1日は、『SURF&SNOW』というアルバムの発売日でもあったんですね。実はあのアルバムのジャケットにはね、「VOLUME ONE」ってなぜか書かれているんですよ。それでね、毎年冬にやっている苗場のリゾートライブ「SURF&SNOW in Naeba」も今回で40回目というタイミングなわけです。だから、アルバムを『SURF&SNOW VOLUME TWO』にしようかなと考えていたんです。だけど、コロナによってそのコンセプトは完全になくなってしまいました。なくなってしまったとはいえ、リゾートアルバムを作りたかったから、“脳内リゾート”にシフトして制作を進めました。『深海の街』というタイトルには、「どこへも行けなくても、心のなかは掘り進めることができる」というメッセージがあります。
クリス:なるほど。フィジカルではなくバーチャルな旅なんですね。リゾート要素は「旅」がキーワードとなって繋げてくれているんですね。

『深海の街』は、アルバムジャケットにも松任谷のメッセージが込められている。


松任谷:潜水服の男女が抱き合っているアルバムジャケットなんですが、この絵でコロナを表現しています。そして、ジャケットの男女のポーズは『SURF&SNOW』と同じなんですよ。
クリス:お互いに触れることができないことを表しているんですね。
松任谷:それでも、人は繋がりたい。「愛しか残らない~深い海の底で 僕たちは気づいたんだ」というのが、『深海の街』に込めたメッセージです。
クリス:切ないですね。
松任谷:だけどね、切ないっていう感情が人間的なんじゃないかな。
クリス:そうですね。特に2020年は、切なさとどう向き合って生きていくかがテーマだったように感じます。

人と会うことが元気の源!

番組内では、松任谷由実の内面に迫るため、一問一答コーナーを実施した。

「自分にとっての永久不滅のアイドルやヒロインは?」

松任谷:宗教的な答えになっちゃうな。聖母マリア様。自宅にフランスのルルドの泉を模したものがあって、そこにマリア様が飾ってあるんですよ。

「ユーミンの元気の源は?」

松任谷:やっぱり、人に会うことですかね。コロナ禍によって、それができないっていうのはつらかったです。家から一歩も出ない時期もありましたよ。
クリス:どれぐらいの期間ですか?
松任谷:レコーディングにも入ってしまったから、ゆうに3ヵ月は。
クリス:流行っていた、Zoomを使った飲み会はされましたか?
松任谷:まったくしませんでした。レギュラーのラジオ番組はリモートで収録していましたけどね。だけど、スタジオに行けるようになってからは「直接スタッフに会えるのって、やっぱりいいな」と感じましたね。
クリス:そうだったんですか。じゃあ、外出自粛期間中はご主人とずっと2人で過ごされていたんですね。
松任谷:そう。だから、レコーディングするしかなかったとも言えますね(笑)。

クリスに、このアルバムが自分にとってどんな存在かと問われると「一生、忘れない。どのアルバムも思い出はありますけど、死ぬときに、事細かにいろんなプロセスを思い出すと思います」と述べた。

2021年の9月からは、全国60公演に及ぶコンサートツアー「松任谷由実 コンサートツアー 深海の街」が予定されている。公演の詳細情報や、その他の最新情報は、松任谷由実の公式サイトをチェック。

『SAISON CARD TOKIO HOT 100では、J-WAVE全番組のオンエアチャート、インターネット投票、東京都内主要のCDショップのセールスチャート、ストリーミングを集計。J-WAVEのオフィシャルチャートとして、毎週100曲のオリジナルランキングをオンエアする。放送は毎週日曜日の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月13日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
日曜
13:00-16:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。