音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
山本彩×山里亮太が「妄想ストーリー」を生み出す! たこ焼きを食べさせてくれた女の子が、実は…

山本彩×山里亮太が「妄想ストーリー」を生み出す! たこ焼きを食べさせてくれた女の子が、実は…

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜担当ナビゲーター:山本彩)。10月26日(月)のオンエアでは、ゲストに南海キャンディーズ・山里亮太が登場。「妄想」をキーワードに、山本彩と“妄想ストーリー”を繰り広げた。

2人の“山ちゃん”が久しぶりの対面!

山里亮太の小説が原作のドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)が放送中だ。エンディングテーマには、山本の楽曲『ゼロ ユニバース』が起用されている。

ふたりが対面するのはおよそ1年ぶりだという。

山本:お越しいただきありがとうございます。
山里:こちらこそですよ! 今は「アーティストの山本彩さん」として活躍されているじゃないですか。だけど、俺のなかではいまだに「さやねえ」と呼んでしまいたい気持ちもあります。
山本:ぜひ呼んでください!
山里:よかった。さやねえとはじめて会った頃って、NMB48に入る前だったんだよね。グループが結成するまでを記録した、密着番組のレポーターをやらせていただきました。
山本:そうなんですよね。感慨深いです。
山里:あのとき、さやねえに気づいていれば「あの子はヒットすると思っていたんだよね」って言えたんだけどな。
山本:(笑)。
山里:今じゃ、おひとりで活躍されていますからね。
山本:山里さんが原作のドラマのエンディングテーマでも、お世話になっております。
山里:こちらこそですよ。『ゼロ ユニバース』、めちゃくちゃカッコいい曲です。
山本:ありがとうございます。今回は、一夜限りの“山ちゃんコンビ”で番組を盛り上げていきたいです!
山里:うれしいです。山寺宏一さんが嫉妬しそうですね。
山本:(笑)。

山里亮太が考える「大阪で山本彩に出会う」ストーリー

『あのコの夢を見たんです。』は、山里が実在する女優を主人公にした物語を妄想する、というもの。そんな作品の内容に絡めて、山里と山本が妄想シチュエーションを即興で生み出した。

「シチュエーション」と「道具」という2種類のカードを用意。前者は1枚、後者を2枚引いて、キーワードを盛り込みながら妄想シチュエーションを組み立てていくという企画だ。

ふたりがどんな妄想ストーリーを繰り広げたのか、全容はradikoで2020年11月2日(月)28時59分まで聴くことができる。

【radikoで聴く】山本彩×山里亮太の妄想ストーリーを聴く(2020年11月2日28時59分まで)

ここではほんの少し、ふたりの妄想ストーリーをご紹介しよう。

山里の引いたカードは、シチュエーションが「大阪」で、道具は「たこ焼き」と「傘」。山里は、雨の降る大阪でたこ焼きを食べようとしたら、女の子と出会い……というストーリーを語り始める。その女の子が山本だ。胸がキュンとするようなやりとりを経て、その後は山本も「ええ!?」と驚くラストシーンへ。自分が登場したことに照れながらも、「たった数十秒でこんなにすごいストーリーが思い浮かぶんですか」と感動していた。

山本の引いたカードは、シチュエーションは「喧嘩」、道具は「花束」と「自転車」。山里のことが好きだが付き合ってはいない……という設定でスタートした。キーワード通りに喧嘩を経て、ふたりの恋はどうなるのか? 山本は「用意されたキーワードをきれいに使うのって難しいですね」と苦戦した様子だったが、山里は「ドキドキして聞いた」とコメント。この企画を終えた山本は、「今回の企画は勉強になりました。頭を柔らかくすることで、いろんな着眼点を見つけられそう」と述べた。

【radikoで聴く】山本彩×山里亮太の妄想ストーリーを聴く(2020年11月2日28時59分まで)

山本彩がナビゲートする『SPARK』は、毎週月曜24時から25時まで放送。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年11月2日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SPARK
月・火・水・木曜
24:00-25:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。