音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
芦田愛菜×岡田将生、約10年ぶりの共演は和気あいあい「この問題どうやって解くんだっけ?と…」

芦田愛菜×岡田将生、約10年ぶりの共演は和気あいあい「この問題どうやって解くんだっけ?と…」

芦田愛菜が、約10年ぶりの共演となる岡田将生からの謝罪を笑顔でフォローした。29日に都内で行われた映画『星の子』(10月9日公開)イベントでのことだ。

映画『星の子』は、芥川賞授賞作家・今村夏子の同名小説を、『日日是好日』の大森立嗣監督が映画化したもの。芦田にとって6年ぶりの主演映画となる。

『星の子』コメント付き予告

<あらすじ>
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親は、病弱だった幼少期のちひろを治した“あやしい宗教”を深く信じていた。中学3年になったちひろは、一目惚れした新任のイケメン先生に、夜の公園で奇妙な儀式をする両親を見られてしまう。そして、彼女の心を大きく揺さぶる事件が起きるー。
公式サイトより)
ちひろ(芦田)に厳しい言葉を浴びせる数学教師役の岡田から届いた「心が痛みましたが、泣かせるつもりで演じていました。すみませんでした!」との謝罪メッセージに、芦田は「役なので……。お互い全力で演技をさせていただきました」と再会を喜び「今度はぜひ仲のいい先生と生徒役で共演させていただきたいです。お願いします」と笑って許していた。

DSC_7099.JPG
カメラの回っていないところでは「岡田さんは数学の先生だったので『この問題どうやって解くんだっけ?』と聞いてくださったり、フランクにフレンドリーに接してくださって。寒さも吹き飛ぶくらい笑ったりしました」と和気あいあい。

自身の役柄については「家に帰ると宗教や両親のことで悩んでしまうちひろがいる一方で、学校に行けば明るくて、心を許せる友だちもいる。多面的な部分を表現できたら」と明かし「撮影期間中は役が抜けず、家族に『話し方とかが抜けていないよ』と言われたことがありました。常に心のどこかにちひろがいた気がします」と熱演を報告した。

DSC_7067.JPG
最後の最後まで、演じたちひろの気持ちを代弁。「ちひろはたくさんの人の意見を聞いて悩んでいきます。みなさんにとってこの映画が、信じるってなんだろう?自分が信じたいと思える大切な人は誰なんだろう?と考えるようなきっかけとなれば」と呼びかけていた。

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。