音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
シシド・カフカ、中学時代を過ごしたアルゼンチンへ大人になってから訪れたら…

シシド・カフカ、中学時代を過ごしたアルゼンチンへ大人になってから訪れたら…

J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「SUQQU CULTURE PALETTE」。3月22日(日)の放送では、ミュージシャンで女優のシシド・カフカが出演してトークを展開した。


■生まれ育った国に、大人になって訪れたところ…

シシドはメキシコで生まれ、中学時代はアルゼンチンで過ごしたという中南米育ち。大人になってからは疎遠になっていたが、ここ数年のあいだに訪れる機会があったそうだ。

シシド:2015年にお仕事でアルゼンチンに行かせていただいたんです。中学校時代を過ごしたアルゼンチンは、自分の意思で行ったんじゃないということもあって、かなり後ろ向きに2年間すごしてしまったのですが、改めて自分のアイデンティティというものをもうちょっと確立したなかで行ってみると、見えた景色が全然違いました。そんなに建物とかは大きく変わっていなかったはずなんですけど「あれ? 自分が住んでいたマンションの前の街路樹ってこんなにきれいだったんだっけ。あれ? 道ってこんなに狭かった?」というような、本当にいろいろなものが、はっきりちゃんと見えたという感覚がものすごく面白かったのを覚えています。メキシコも2018年に行きましたが、そのときも全く同じことを感じた気がします。幼少期にいたということもあって、大した記憶はないんですが「あ、こういう国だったんだ」と改めてそういった目で見られたのが面白かったです。

また、シシドは2つの国で演奏をした際に感じたことも語った。

シシド:私はアルゼンチンでドラムを叩き始めているんです。だからいつかアルゼンチンで、シシド・カフカという自分の名前で演奏するのを目標にしていました。改めて訪れたときにステージの上でドラムを叩かせてもらったということと、2018年にメキシコで東京スカパラダイスオーケストラのみなさんのライブに参加をさせてもらって、歌を歌ったというのが、自分のなかではものすごく感慨深いものでした。自分のルーツとなる国で、自分自身がアーティストとなった姿を見てもらって、現地の人に楽しんでもらえるという、そういった経験ができたのはものすごく有意義で、今でも深く思い出に残っています。


■シシドが感動した京都の街並み

シシドは印象に残っている日本のスポットがあるかと問われ、京都の街並みを挙げて、訪れた際の思い出を振り返った。

シシド:古き良き街並みが残っていて、「ああ、すばらしいな」と感じました。神社仏閣はもうとにかく端から回りまして、私の好みは銀閣寺でした。金閣寺のあとに銀閣寺を見たんですよね。金閣寺って本当に金でものすごくきらびやかなんですけど、銀閣寺はすごく静かで、おごそかな感じがあったんです。その周りにある石だとか、枯山水(かれさんすい)といったものを含めて、すごく“静”、静かなものを感じて、自分のなかで「落ち着くな」と思った記憶があります。あとは祇園のほうに行ったときに、コンビニエンスストアとかの外装も、その街並みに溶け込むように色合いや作りが工夫されていて、あまり日本で見かけたことがなかったので感動した覚えがあります。

シシド・カフカがナビゲートを務めるJ-WAVEの新番組『YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY』が、4月よりスタートする。平日の12時30分から1時までの30分間の番組で、オープンが延期になっている「NIHONMONO LOUNGE」から、毎日アーティストを招いてライブをおこなう。シシドは毎週水曜日と木曜日を担当。

【番組情報】
番組名:『ACROSS THE SKY』
放送日時:毎週日曜 9時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン