音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
chelmico、“おうち時間”に観たいドラマ&マンガを紹介 「私たちが好きに決まってる」

chelmico、“おうち時間”に観たいドラマ&マンガを紹介 「私たちが好きに決まってる」

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。3月26日(木)のオンエアでは、chelmicoのRachelとMamikoがそろって登場。新曲『Terminal 着、即 Dance』の話題や、2人が最近ハマっているドラマやマンガを紹介した。


■イタリア旅行からイメージを膨らませて…

chelmicoは1月に『Easy Breezy』を配信リリース。サッシャがこの曲のミュージックビデオを観て「chelmicoって何人いるの?」「どうやって撮ったの?」と興味津々な様子。



Rachel:このミュージックビデオは緑色の部屋に入れられて、32個ぐらいのカメラに360度囲まれた状態で、わけもわからずひたすら踊り続けて、完成したらこうなっていました(笑)。

3月27日には、『Terminal 着、即 Dance』を配信リリースした。



サッシャ:『Terminal 着、即 Dance』はどんな曲ですか?
Mamiko:年始にお互い別々でイタリア旅行に行ったんですけど、そのタイミングもあったので「どこか遠くに行くときでも音楽を聴くよね」って感じをテーマにして。
Rachel:そうそう。「MUSIC LOVERS」っていうテーマをもらっていたので、そのイメージで「じゃあ音楽ってどんな場面であるかな」って考えたときに、私たちがちょうど渡航していたので、「そういうときって音楽をたくさん聴くよね」ってことで、私たちなりのリアルを書こうとなって、この曲を作りました。
サッシャ:旅行に行くと音楽を聴くの?
Mamiko:めっちゃ聴きますね。あっちで聴くアジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)とか、アガるよね(笑)。
サッシャ:そうなんだ!
Mamiko:日本のアーティストを海外で聴くと、また違う空気感だから。
Rachel:chelmicoも聴いたもん。
Mamiko:私も聴いた。どんなふうに聴こえるかって気になるからね。聴いてみたら街なかを歩くのに合ってました。

サッシャは海外に行くと、その国のラジオを聴くようにしているそうで……。

サッシャ:その国の音楽って、その場で聴くと一番しっくりくるんだよね。
Mamiko:わかります! その楽しみ方と日本の曲も楽しむってこともオススメです。
サッシャ:日本の曲を海外で聴くって僕にとっては新鮮ですね。
Mamiko:chelmicoもぜひ聴いてみてください!


■ドキドキしながら読み進めているマンガとは?

この日の「MUSIC+1」では、「インドアマスター・chelmicoの楽しい時間の過ごし方」と題して、2人が最近の家での過ごし方を紹介した。

サッシャ:2人はインドアマスターの自負がありますか?
Mamiko:めちゃくちゃありますね。基本、家にいます。
Rachel:なるべく家から出たくない。
サッシャ:最近は何をしてるんですか?
Mamiko:ラジオを聴いてます。あとは、Netflixで動画を観ていますね。
サッシャ:何か気になる作品はある?
Mamiko:私はまだ見てないんですけど、韓国ドラマの『愛の不時着』をオススメされました。
サッシャ:やばいやつね。相当ハマるらしいですよ。

『愛の不時着』あらすじ
パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢。そこで出会った堅物の将校の家で、身分を隠して暮らすことになるが……。
Netflix公式サイトより

Mamiko:マンガだったら眉月じゅんさんの『九龍ジェネリックロマンス』(集英社)ですね。ウェブで少しずつ読んでいます。
Rachel:マミちゃん(Mamiko)がハマってて待ち受けとかにしてたよね。
増井:どんなお話ですか?
Mamiko:ラブストーリーですね。中国が舞台で、そこでご飯とかの風景もでてきて、すごくおいしそうなんです。
サッシャ:Rachelは?
Rachel:マンガだったら、安達 哲さんの『キラキラ!』(講談社)をちょっとずつ読んでます。これは主人公が芸能科の学校に入学して、好きになった子が芸能人として活躍していて、って感じの話です。でも、まだ最初のほうしか読んでないので、これからどうなっていくかわからないんですけど、これをオススメしてくれた人からすごく含みのあるプレゼンをされたので「このあとに何か起こるのかな?」って思って、ちょっとドキドキしながら読み進めています。
サッシャ:どんでん返しがあるのかもしれませんね。

続けてRachelは、Netflixのオリジナルシリーズ『ノット・オーケー』を紹介した。

『ノット・オーケー』あらすじ
居心地悪い高校生活、家庭の事情、親友への報われない片思い。落ち込んでばかりのシドニーは突然謎の超能力に目覚め、思春期の悩みはますます複雑になるばかり。
Netflix公式サイトより

Rachel:『ノット・オーケー』は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』とか『このサイテーな世界の終わり』(ともにNetflixオリジナルシリーズ)とか、そういうSFとかラブコメとか、いま話題のものを全部煮詰めた感じ。
Mamiko:だから私たちが好きに決まってるんですよ。
Rachel:しかも1話が30分くらいだから、すぐ観ちゃいますね。
サッシャ:どんどん先に進んじゃうわけね。
Rachel:絶対に観てください。

chelmicoの曲やミュージックビデオとともに、2人がオススメしたドラマやマンガを家で楽んでみては。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年4月2日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン