音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
コトリンゴ、初対面の坂本龍一に思わず口にした一言とは?

コトリンゴ、初対面の坂本龍一に思わず口にした一言とは?

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。クリス・ペプラーが音楽を聴く隠れ家=「オトアジト」に毎週ゲストを迎え、大人な音楽談義を繰り広げる。1月25日(土)のオンエアでは、音楽家のコトリンゴが登場。これまでの音楽ヒストリーや坂本龍一に初めて会ったときのエピソードを語った。


■バークリー音楽院に進学

コトリンゴは、友だちの影響で5歳のときにピアノを習い始めた。中学校と高校では運動部に属していたが、ジャズピアニスト・大西順子のCDを聴いたことなどもあり、世界的に有名なバークリー音楽院への進学を決めた。

コトリンゴ:アメリカに行きたい気持ちもありました。
クリス:それはなぜですか?
コトリンゴ:アメリカ文化にすごく憧れていました。音楽もそうだし、当時NHKでやっていた『セサミストリート』とか『フルハウス』の大家族とか子ども部屋のかわいい感じとかがすごく好きで。ジャズやポップスのことをもっと勉強するのにアメリカはすごくいいのかなと思いました。
クリス:本家本元ですもんね。

バークリー音楽院は名だたる音楽家やミュージシャンが卒業している。コトリンゴは「授業形式やイベントが日本とは全く違い、たくさんの刺激を受けた」と話す。

コトリンゴ:ピアノのクラシックのおじいちゃん先生をすごく好きになりました。それまではクラシックの楽しさをあまり知らずにいたのですが、1曲を1セメスターでみっちりやるその先生のレッスンで、ショパンを中心に習いました。その頃のショパンの背景も一緒に教えてくれたり、私がピアノを強く弾いていたあとに高いところをふわっと弾いたら「デヴィッド・ボウイみたいだからやめて~」って言われたり、個性的な先生でした。できるまで何度も同じところをやるレッスンだったので、すごく勉強になりましたね。


■坂本龍一との初対面で…

コトリンゴは、バークリー音楽学院卒業後、2006年に坂本龍一プロデュースのシングル『こんにちは またあした』でデビュー。きっかけはJ-WAVEで放送中の坂本の番組『RADIO SAKAMOTO』のオーディションコーナーにデモテープを送ったことだった。

クリス:それまでは何をしてたの?
コトリンゴ:プラプラしてました。
クリス:どんなふうに?
コトリンゴ:ニューヨークに引っ越して、ピアノの先生のバイトをしていました。
クリス:いいな、ニューヨークでプラプラって。すごく格好いいじゃないですか。
コトリンゴ:でもピアノの先生って大変だなと思いました。
クリス:じゃあ、デモテープはニューヨークから送ったんですか? でもそのとき、教授(坂本龍一)ってニューヨークに住んでいたから会えたかもしれないですね。
コトリンゴ:目撃談は聞いていたんですけど、私は全然お会いしたことはなくって。ラジオ番組のディレクターさんから連絡をいただいて、坂本さんからも「デモに入っていたあの曲いいですね」ってメッセージをいただいたりして。
クリス:すごい!
コトリンゴ:だんだん近づいていった感じですかね。
クリス:実際にお会いしてどうでした?
コトリンゴ:オーラがありましたね。テレビでずっと見ていた存在の方だったので「あ、本物だ!」と本人に言ってしまって、今でも(坂本からそのときのことを)言われます(笑)。


■夜中に泣きながらマネージャーに電話

近年では、劇場アニメ『この世界の片隅に』など、数多くのサントラを手掛けているコトリンゴ。サントラは「やればやるほど発見がある」と語る。

コトリンゴ:やってしばらくすると、関わった作品を客観的に見られるんですけど、初めからはなかなか客観的に見られなくて。「ここはもうちょっとこういう感じがよかったな」とか「次はこうやってみよう」とか、いろいろな発見があって終わりがないですね。
クリス:制作陣と話して曲作りをするの? それとも映像を見てから?
コトリンゴ:実写だとセリフも入っているしトーンも決まって、ほぼフル尺が決まってから渡してもらうことが多いのでイメージしやすいんですけど、アニメだと同時進行で制作しているので、声があったりなかったりします。作品によって本当にやり方が違いますね。
クリス:制作はおもしろいですか?
コトリンゴ:いや、大変です! マネージャーさんに夜中に泣きながら電話したり。終わって出来上がると「早かったなあ」って忘れちゃうんですけど(笑)。
クリス:苦しみがあるからいいものが紡ぎ出されているんでしょうね。辛いっていうのは妥協しないということですもんね。

コトリンゴは、12月18日(水)にベストアルバム『小鳥観察 Kotringo Best』をリリースした。2月23日(日)には「コトリンゴLive 2020きさらぎreunion with Cribas from アルゼンチン」を開催する。

『SAPPORO BEER OTOAJITO』では、毎週さまざまなゲストを迎えてお酒を飲みながら音楽トークを繰り広げる。放送は毎週土曜18時から。お聴き逃しなく。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年2月1日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。