音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
三代目JSB・今市隆二が、自分の仕事で「余裕を作らなくてもいい」と考える理由

三代目JSB・今市隆二が、自分の仕事で「余裕を作らなくてもいい」と考える理由

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(木曜担当ナビゲーター:三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 今市隆二)。12月19日(木)のオンエアでは、リスナーからの質問に答えた。


■山下健二郎と交わした会話は?

リスナーから、「先日、『FNS歌謡祭2019』のオープニングで、隆二くんと健ちゃん(山下健二郎)が仲良く話しているのが映っていました。何の話をしていましたか?」という質問が寄せられた。

今市:何を話していたか……「最近どう?」みたいなことじゃない(笑)? 「忙しいね、隆二は?」「忙しいよ」みたいな。こんな感じですかね(笑)『FNS歌謡祭2019』の演出なんですけど、ステージにある円卓に座っていろんなアーティストを1日で観れるわけじゃないですか。あれって、けっこう極上な時間だと思うんですよね。ああいう距離感で、ああいう雰囲気で、生バンドっていう番組はなかなかないですね。あの時間だけは、アーティストだけが体験できる特別な時間なので、毎年すごく楽しみです。今回もいろんなアーティストが出ていたので、すごく楽しませていただきました!


■歌の仕事は常に真剣勝負

リスナーからの「私は今の会社に入って、3ヵ月が経とうとしています。ようやく周りが見えるようになりました。隆二くんはライブや歌の仕事で余裕が出てくるまでに、どれぐらいの期間が必要ですか?」という質問に、今市が答えた。

今市:仕事としてなら、最低3年ぐらいはやらないと余裕は出ないですね(笑)。仕組みを理解して経験を重ねることで、周りが見えてくるとは思うんですけど、余裕に感じることはあまりないかなあ。限られた時間でリハーサルをやらなきゃいけないし、その場で対応していかないといけないし、ライブも生ものだし。毎回が“勝負”ですよね。なので、余裕を作らなくてもいいかなとは思っています。ある程度の緊張感を常に持っていないと、向上できないなって思って。だけど、仕事で関わってくる人たちと仲良くしたり、人となりを理解すると、自分の仕事にも繋がりますよね。1人でできないことをチームでやると、すごく上手くいったりいい方向に向かったりするので。(リスナーさんには)変わらず、人間関係を深めながら仕事を頑張ってもらえたらなって思います。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月26日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/spark/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン