音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ユニコーンは「本当にカッコかわいい」 フジファブリック・山内×マカロニえんぴつ・はっとりが愛を語る

ユニコーンは「本当にカッコかわいい」 フジファブリック・山内×マカロニえんぴつ・はっとりが愛を語る

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。11月16日(土)のオンエアでは、ユニコーン、そして奥田民生を特集。フジファブリック・山内総一郎、マカロニえんぴつ・はっとりをゲストに迎えて、熱い音楽談義を展開した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月23日28時59分まで)


■ユニコーンの奏でる音のすごさ

山内は、はじめてユニコーンを『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で見たときの印象について「異常にカジュアルなたたずまい」と思ったと告白。ユニコーンの魅力を訊かれると、リスペクトのあふれるコメントを連発した。

山内:全員がメインをとれるボーカリストであるということ。誤解を恐れずに言うと、ものすごくビートルズっぽいというか、唯一無二な感じに最初は惹かれました。あと、今でも対バンをさせてもらったり、ライブを観させてもらっても、音がとにかくいい! みなさんの音が滅茶苦茶いい。
グローバー:音楽的なフレーズやクオリティの高さと、出音(でおと)のよさ。
矢内:出音のよさがあるのに……あるのにじゃないんですけど、みなさん全力で「どこでふざけようか」と考えちゃっているところ。
グローバー:最高級の音の無駄遣いというね。
山内:どうふざけようかすごく悩んでらっしゃるというか。
グローバー:悩んでいるんだ(笑)。
山内:隙をうかがってらっしゃるというところが、本当にカッコかわいいというか。素敵なところだなと思いますね。
グローバー:自分がプロになって改めて見ても、感じるところなんですね。

ユニコーンが解散した1993年に生まれたというはっとりは、彼らの音楽を山内の言葉を借りてビートルズにたとえた。

はっとり:山内さんがおっしゃった「ビートルズっぽい」というのは僕も同意見で「和製ビートルズだな」と思っていますね。
グローバー:はっとりさんが言う、和製ビートルズのポイントはどこですか?
はっとり:みなさんが歌を歌ったり、曲を作るというところ。
グローバー:曲を作る脳みその多さもすごいですよね。
はっとり:曲ならまだ他のバンドもいるんですけど、全員が詞も書いて歌も歌うっていうと、すごいじゃないですか。なかなかいないと思うんですね。また、そのそれぞれの歌詞がいいですね。真面目に書かない、どこかでふざけたくなるというか、おどけた感じ。だけど、歌のなかではすごく芯をとらえたことを言っているんです。すごく優しい歌で、なんか照れ隠しをしているような気がするというか、真面目に歌いすぎると伝わらないものが、ちょっと「おちょける」ことによって、スッと入ってきやすい。いつもちょっと他人事なんですよね。ちょっと距離があるんです。
グローバー:人間とか世界に対して俯瞰で見ているんだけど、そのまなざしはしっかりと温かい。


■シンガー・奥田民生の魅力

番組では街頭インタビューを実施。街の人が語るユニコーンや奥田民生のよさについて聞いた山内は、奥田の歌声に注目した。

山内:歌はやっぱり、すさまじいパンチがありますよね。確か小さいころからカラオケをやられていたので、ものまねじゃないですけど、めちゃくちゃ上手なんですよね。
グローバー:ブルーノ・マーズ状態だ。
山内:日本のアーティスト以外にも、ジプシー・キングスとかも本当にうまいんですよ。
グローバー:一緒にカラオケに行ったの?
山内:行きました。歌声もそうですけど、ボーカリストとしての力量が計り知れないなと、いつも思います。
グローバー:「カラオケで感じた」というのはうらやましい話です。

はっとりは、街の人の「メロディがいい」という声を取り上げた。グローバーがメロディの「ちょっとしたクセ」について、「ユニコーンや奥田さんが発明をした感じがある」と語ると、はっとりは「一筋縄ではいかないというか、普通じゃないからこそインパクトが残る」と解説。

グローバー:自分も影響を受けているなという部分はありますか?
はっとり:あると思いますね。ユニコーンというよりは、民生さんがソロになってからの特徴で、半音はずすというか、ブルースっぽいというか、半音届いていない感じみたいなのは、自分の歌のなかでかなり影響を受けていたりします。
グローバー:山内さんはどうですか?
山内:はっとりさんがおっしゃってたように、特に『29』とか『30』のアルバムの初期のころって、世界中見渡してもないコード進行があったりして、そこは知らず知らずコピーをしていたのがあります。振り返ってみると「変なコード進行だな、変なメロディだな」っていうのが多いですね『人間2』とか『103』とか、その当時のは全部コピーをしていました。

■フジファブリックの元ボーカリスト・志村との思い出

ここで山内は、2009年に他界した、フジファブリックの元ボーカリスト・志村正彦との思い出を振り返った。

山内:志村くんも、民生さんを見て音楽を始めようと思ったので、僕がこのバンドに入るときも『ルート2』とかを僕が弾いたら志村くんが乗ってきたり、志村くんが弾いて僕が乗ったりとか、2人で共通言語として民生さんというのがありましたね。
はっとり:そのスタジオいいな!
山内:(笑)。好きなもの同士の、そういう楽しさというのはあります。
グローバー:それこそユニコーンと民生さん、「やりたくなる」っていう曲をいっぱい作ってくれていますからね。

23日(土)オンエアのJ-WAVE『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』でも、引き続き同じメンバーでユニコーンについてお届け。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月23日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』
放送日時:毎週土曜 17時-17時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン