音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
グラミー賞のMV『This Is America』監督のヒロ・ムライ、どんな子ども時代だった?

グラミー賞のMV『This Is America』監督のヒロ・ムライ、どんな子ども時代だった?

J-WAVEで放送中の番組『GOLDEN PASS』(ナビゲーター:藤田琢己)。11月17日(日)のオンエアでは、ゲストに音楽プロデューサー・村井邦彦がゲストに登場。YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の結成秘話や、息子である映像作家のヒロ・ムライについて語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月24日28時59分まで)


■海外戦略を意識して生まれたYMO

1978年にグループを結成後、シンセサイザーとコンピュータを駆使し、世界中の音楽シーンを席巻したYMO。世界を意識した音楽活動をはじめた経緯を、村井が語った。

村井:海外と日本を往復しながら仕事をしていたら、外国人に日本の音楽を知ってもらいたくなったんだよね。僕たちは150年ぐらい前から西洋の音楽を取り入れてきたんだけど、西洋の人に「これはいいな」って思わせるにはどうしたらいいんだろうと考えるようになって。そうしたら、アメリカの音楽を研究している細野晴臣も、同じことを思っていたわけだね。「海外で(音楽を)売りたい、そのためにはどうしたらいいか」の作戦のなかから、YMOが出てくるわけです。細野はアメリカの音楽以外にも、沖縄やインドなどのいろんな音楽知識を持っていて。それに付け加えて、電子音楽ですね。ポピュラーではなかったエレクトロ・ミュージックを、大々的に取り入れまして。それらが上手く結びついて、海外でブレイクしました。


■ヒロ・ムライを父の目線で語る

リスナーから「(ミュージックビデオが)グラミー賞を受賞したご子息を、どのように子育てしたのか教えてください」というメッセージが寄せられた。第61回グラミー賞ではヒロ・ムライが手がけた、チャイルディッシュ・ガンビーノの「This Is America」が、最優秀短編ミュージック・ビデオ賞を受賞したことは記憶に新しい。村井は父として、どのような環境でヒロ・ムライの才能が育まれたのかを語った。



村井:彼が9歳のときに、ロサンゼルスに家族で移住したんですね。最初は英語を学ぶことに、かなり苦労したんじゃないかな。我が家の家風が“自由放任”でして、好きなことをやらせていました。中学生の頃には映像に興味を持っていて、いくつか映画を作っていましたよ。そして、南カリフォルニア大学の映画学部で学ぶことになりました。大学に入ったら、すぐにミュージック・ビデオを作り出していましたね。最初の頃の予算は500ドルだったらしいですよ。どうやって作っていたんだろう(笑)。そういう経験を重ねて、仲間から評価をもらって、有名アーティストから仕事が入って。そして、グラミー賞をとるに至ったわけです。僕が音楽を好きで、そのままレコード会社を設立したり作曲家やプロデューサーになったりしたのと同じですね。彼も子どもの頃から映像を作るのが好きで、そのまま仕事にしている感じです。

『GOLDEN PASS』では、世界に目を向け、活躍する日本発のゲストから、活動や思いを伺う。放送は毎週日曜の23時から。オンエアは23時頃から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月24日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLDEN PASS』
放送日時:毎週日曜 23時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldenpass/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。