音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
武井 壮は中高生時代もスゴい!「学費を1円も払わずに毎月1万2000円もらって通ってました」

武井 壮は中高生時代もスゴい!「学費を1円も払わずに毎月1万2000円もらって通ってました」

J-WAVEの番組『GOLDEN PASS』(ナビゲーター:藤田琢己)。世界の流れがグローバルに進んでいる今、これからの日本、そして世界を牽引していく若者たちを応援するこの番組。9月1日(日)のオンエアでは、"百獣の王"というキャッチフレーズでも知られているタレントでアスリートの武井 壮が登場。スポーツと芸能活動のつながりを語った。


■文武両道だった武井少年

武井は1973年生まれで、中学生のときは野球、大学生のときは短距離走をしていた。大学3年生で十種競技に転向し、1997年には「第81回日本陸上競技選手権大会」十種競技において、競技歴2年半にして優勝という快挙を達成。大学卒業後にはゴルフ留学、台湾プロ野球のトレーニングコーチなどを経て、2012年頃からタレント活動をスタートした。タレントとして活動しながらも、さまざまなスポーツに挑戦し続けている。

最近では、2018年9月にスペイン・マラガで開催された「世界マスターズ陸上2018」のM45クラス(男子45~49歳)の4×100メートルリレーに出場し、見事金メダルを獲得したニュースが記憶に新しい。

実は学業も優秀で、中高校生時代は入学金免除、学費無料で奨学金を支給されながら通っていた。「6年間1円も払わずに毎月1万2000円もらって学校に通ってましたね。プロの学生でした」と武井。藤田が「神童ですよ」と感心するが、武井は「そんなに難しいことじゃないですよ」と、こう話す。

武井:同級生は400~500人なので、その数を倒せばいいだけだから、たいしたこっちゃないっていうか。人口が500人しかいないスポーツで優勝しろって言ってるのと同じなので、けっこうイージーだったと思うんですよね。


■武井にとってスポーツとは「スキル」

短距離走から十種競技に転向した理由は「自分のトレーニング理論で優勝しやすい」と分析したことと、将来的に芸能活動を視野に入れて「短距離走しかできない人がしゃべるより、全種目をできる人がしゃべるほうが説得力がある。しかも最短期間でチャンピオンになったって言えば『そうとう運動できる人なんだろうな』というイメージ作りができる」という考えから、十種競技の優勝を狙ったと明かす。

これを聞いて、学生時代の行動が今の活動につながっていることに驚く藤田。武井は「たまたまスポーツに出会って、どうなるかわからないまま進学をするということが嫌だった」と言う。

武井:スポーツは自分の人生をより豊かにするために、自分のスキルとして身につけるものとしてやりたかったんです。タイトルを持っていたほうが、社会的に汎用性があるし、十種競技みたいに競技数が多ければ将来役立つフィールドが増えるので、そういう意味合いを持ってスポーツを全部やってきました。

ゴルフと野球を始めたのも、テレビの番組表を見て「24時間で一番多い番組だったから」と明かす。そして「タレントになることを見すえて、さらに自分が楽しいと思える競技を身につけておくことが30歳までのプロジェクトだった」とも。

また、「何年もかけて先輩たちと勝負するのではなく、ゴボウ抜きできる準備をしていた」と話す武井に、藤田は「ビジネス理論のように聞こえる」と感想を述べた。

武井:人生でやることは全部がビジネスでもあるんです。ビジネスに直結していないとただの趣味になっちゃうので。趣味のためにスポーツをやるつもりはないんです。

武井はJ-WAVE『ATHLETE HIGH』(月曜:26時30分~27時)のナビゲーターを務める。こちらも要チェック!

【番組情報】
番組名:『GOLDEN PASS』
放送日時:毎週日曜 23時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/goldenpass/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。